講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

どのチャンネル(周波数・URL)を選ぶか、は自由意志。

 こんにちは。
今年は、2月に入って、またまた、世界の空気が変わっています。
1月に、ブルームーンが起きたことが、その知らせでした。
今、地球中には、ほんとうに多くの電磁波が飛び交っています。
バーチャル空間は、その際たるものです。
国家、宗教、通貨が、支配的であった時代が、過ぎていきます。
今、どんな、情報を得るか、それは、自分自身、あなた自身が決めます。
そして、あなたが発した情報が、次の社会的意思形成の要素となって、
次の瞬間の世界が、形作られます。
肉体を持つ私たちは、人間としてこの世に生き、相互のルールを決めますが、
一国の人間の代表者たちが集まって、その国のルールを決めるのは国会です。
ここに、どんな人間を送り出すか、も、私たちの自由意志の総和の結果です。
国家は、軍事力を持ち、強制力があり、罰則には暴力が使われることもあります。
それゆえに
私たちは、国家を十分に監視し、自らも統治者だとの自覚を持たないといけません。
国家に、どこまで権限を持たせるか、も、私たちの自由意志の結果ですが、
野放しは、責任放棄になり、自分から進んで、何者かの下僕になる ことを意味します。 
私たちが、自らの生きる現場に、平和できれいな環境を求めるのは、当然です。
しかし、これまで、国家は、好んで戦争をしたり、環境を壊すことがあったのは、
私たちが、時代時代の権威とされる特定集団の言葉を妄信したり、何者かに
情報操作されて、無知蒙昧な中で、躍らされた結果だったのでしょう。
どんな情報を、つかむか、選ぶか、信じるか?
情報は、電磁波になると、今、現在のものだけとは限りません。
3次元を超えた形而上世界では、時間も空間もありません。
大切なのは、私たちが、情報を受けたり、発信するときの、
その、情報の精度(正確さ)と、自分自身の、ぶれない強さ です。
今、これまでの人類の歩み、地球上での発展史をいろいろ考えているのですが、
どうも、宇宙には、様々な次元の多くの時空間で営まれた、生き物たちの活動記憶が、
電磁波情報になって、蓄えられているところがあるにちがいない、ということです。
宇宙には、どんなものでも、吸収してしまう、強い重力場の星があります。
白色矮星です。 さながら、シリウスBです。 きっと、ここには、多くの情報が、
それこそ次元を超えて、兆単位のありとあらゆる情報が保存されていることでしょう。
問題は、その中から、何を、どう、引き出すか、です。
いや、自分が、どんな状態のときに、どんな情報が引き出せるのか、です。
これは、周波数の合う共振現象で、情報が流れますから、
私たちが、何を、望むにせよ、それを、受けられる周波数を、
現実の生活の中で、頭の脳波だけでなく、生き方で体から出していることが、
もっとも肝心です。
嘘つき人生の人間が、真実の平和と繁栄を 創れるはずはありません。
だましによる、集団催眠、共同幻想にいるかぎり、これも、
実体は、何も、つかめないままになります。
ここで、 簡単な、なぞなぞ。
かつて、新井の3つのなぞなぞを、紹介しましたが、
今日は、 4つ目。
どんなに、きれいな清水(聖水)を求め、
なんとか、その在り処に辿りついても、
けっして、その清水(聖水)を、飲めない人がいます。
なぜでょう。
その人が持っている、その清水を掬う器や、
自らの手が、汚れているからです。
中には、その人自身の口が汚れている人もいます。
これは、衛生上の問題でもありますが、
それ以上に、生き方の問題のほうが大きいでしょう。
どのチャンネルを選ぶか、それは、まさに、自由意志です。
で、ここで、大事なこと。
どう生きたらいいか、常に、他人に依存していると、
いつの間にか、自分がどれだけ汚れているか、分からなくなります。
これが、一番、怖い。
自分の知らない自分で、この世を生きることこそ、悲劇です。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。