これ、東電など既存の日本の原発技術陣の「白旗」だろ。メディアは真剣に真実を伝えよ。

 今年は、3月9日に、ドイツのメリケルが来た頃から、福島では、これまでの4年間とは全く異なる事態が出現しています。 

 デブリが地下水脈や海水に触れ、大量の水蒸気を出している。

 この水蒸気の中に、中性線を出す核種が含まれている。

 4月以降、さらに激しくなっている。

7日のドイツのエルマウでのG7 では、 安倍を外した会議が開かれていた。 

 6人は、何を話したのか?

同じ時、北京では、麻生は張高麗と面談したが、このときの宴席に胡錦濤が駆けつけたらしい。

‘胡錦濤は清華大学の出身者。ここは理工学系の最高峰の大学で、生産技術やITのみならず、医療も兵器も研究する。 また、朱鎔基も清華大学出であり、中性子の研究もしていたらしい。

 もしかしたら、麻生は、中国側から、初めて、福島の「実情」を教えられたのかもしれない。

 「麻生さん、実は、天津で、福島からの放射能が確認されています。それも、中性子まで・・・」

こんなこと言われれば、麻生は、顔がひきつって、ひょっとこ口は、更に曲がってしまう。

そのせいなのかどうか、

 時事通信が、12日に、以下を発表している。

 プール燃料取り出し遅れ=最大3年、福島第1―廃炉工程見直し・政府
  時事通信 6月12日 8時18分配信
 
政府は12日、東京電力福島第1原発の廃炉作業について関係閣僚会議を開き、1~3号機の使用済み燃料プールに保管されている核燃料の取り出し開始時期を、最大で3年遅らせることを決めた。福島原発事故の廃炉工程表で、使用済み燃料の取り出し開始時期を遅らせるのは初めて。廃炉完了まで30~40年とする従来の目標は維持する。
 これまで2015年度上半期としていた3号機プールの燃料取り出し開始は17年度に、17年度下半期だった1、2号機プールの燃料取り出し開始は20年度に遅らせる。
 水素爆発で原子炉建屋が大破した3号機は、プールに落ちた燃料交換機などのがれき撤去が難航。
放射線量も想定通りに下がらず、15年度上半期の取り出し開始は事実上不可能になっていた。
 1号機も建屋カバーの解体に伴う放射性物質の飛散防止対策に時間がかかっている上、作業に使うクレーンの不具合などトラブルが発生。大幅な遅れは避けられない見通しになっていた。2号機は使用済み燃料の取り出し計画が確定していない。
 1~3号機の原子炉内部で溶け落ちた燃料(デブリ)の取り出し開始時期は、最も早い場合で21年中とする目標を維持した。
政府と東電は13年6月、1、2号機のデブリ取り出し開始時期を1年半早めて20年度上半期とする計画を示していたが、今回の見直しでは触れていない。 
 
 
> 2015年上半期としていた3号機プールの燃料取り出しの開始時期を、最大で3年遅らせると決めた。
 
> 放射線量が想定通りに下がらず、15年度上半期の取り出し開始は事実上不可能になっていた。
 
> 燃料(デブリ)の取り出し開始時期は、最も早い場合で、21年中とする目標を維持した。
 
 これが意味するのは、 これまでの東電・政府の技術陣では、 「何も出来ません」 ということでしょ。

メディアはこういう時こそ、フクシマの現実を報道しなさい。

日本の最高検察庁は、フクシマの真実を、メディアは報道しているかどうか、  

 特別捜査本部 を設置しなさい。

 国民だけでなく、人類の未来が懸かる大問題です。
 
 そんなこともわからない、 大マヌケなのか?

 未来末代までも、その怠慢と欺瞞が、記録・記憶されることになるぞ。

 それでいいのか? 

 しっかりしろ。  
 
 官僚たちの既得権を守りながら、静かに国民を殺しつづけ、民族を毀損させ、さらに、人類に大禍根を残すのか?

 国家権力を、民族絶滅の方向に使うのですか?

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O