今日から新次元。今、そこにある、逃れられない「崩壊リスク」。

  今日、1日は、名古屋から客人が来ました。

フィリピンのセブに、拠点をつくるとのことでした。「文明のスタンダード」、「三つのコスモス」、「喜びの発見」、「知識・見識・胆識」、「THINK と FEEL」 など私の基本的な考え方を話しました。

もちろん、これから、日本を襲う大きな危機も。 

 1) 国家次元でf戦争に巻き込まれる。

  ・・・イエメンへの自衛隊の派遣 は、まだ軽微。

    一番、危険なのは、尖閣もしくは,西沙諸島での中国海軍との衝突。 これを、戦争屋はあえて起こそうとする。

 2) 放射能(福島第一の臨界爆発 )

  ・・・より激しい汚染と被曝。 日本の加工食品が世界から拒否される。トモダチ作戦の米軍から訴訟。

 3) 金融崩壊、財政破綻。

 ・・・ 首都圏の土地価格の暴落。そして、株式の暴落。 富裕層や宗教法人へも課税。

 4) 首都直下型地震

 ・・・ この前後に、富士山など、火山の噴火。

 

京都・名古屋・金沢・長野・軽井沢で、新幹線駅の近くで、高級マンションが、発売即完売なのは、危機・危険を知る権力層が、家族を首都圏から避難させているため。 

真の情報は、権力層によって秘匿され、私物化されます。 この国は、今、大きな崩壊に向かっています。

AIIB(アジア・インフラ投資銀行)への参加は、 戦後の「アメリカの特別行政自治区」である日本国(官僚天国)にとって、  「ポツダム宣言の受け入れ」 と 同じ意味をもっています。

戦争屋とともに、大きな抵抗。 このまま参加拒否では 国民の経済がさらに憔悴し、 参加を受け入れれば、日本に本部を移した戦争屋は居場所を失います。 そのときに、何が起きるか。 ここが、問題です。 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明点なてんがございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ