講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

「神武天皇」と「八紘一宇」。ああ、恥ずかしい。国の始まりを世界基準で語れない人たち。

 自民党の三原じゅん子さんが、国会で、『八紘一宇』 を持ち出しました。

 「グローバリズム」の対抗策に、活かすべき政治理念としているのです。

表面だけの字句をとらえ、この理念が、何をもたらしたのか、きちんとした検証もしたことがないのでしょう。

たぶん、先輩たちに言われるままに、神武天皇が実在で、そのY染色体があると、信じているのでしょう。

きっと、彼女、そして、彼女の先生たちは、したり顔で、こういうでのしょうね。

  「いいですか、みなさん。 神社には、神がいるのです。

   それは、 「我(が)」 を 捨てれば、すぐに、現れます。

   本当ですよ。

   神社には、鏡があるでしょ。

   鏡の前にたって、 我(が)を 捨ててみてください。

    《  か   が   み 》  

    ここから、「が」を捨てれば、

    ほら、 《 か み 》  になりますね。 」

 こんなことを、戦前、東京帝国大学を出た宮内省の幹部神職たちが、真顔で話していたのです。

  そして、それを真に受けて、全国のこどもたちだけでなく、大人たちにも、教育していたのが、

 文部省の先生たちです。 これは、科学でもない、単なる駄洒落の「刷り込み」=洗脳 です。

 そして、皇祖神アマテラスは、鏡そのものだ、とも、しているのです。 

 こうした子供だましを、戦後になっても、そのまま続けるのが、自民党の保守層の頭の構造です。

 天皇様からの『恩寵』期待。簡単に言うと、国家から、特権とマネーを得るためです。

 そして、今、 安倍政権で、アメリカに代わって、世界最強の軍事力を 持ちたいのでしょう。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ところで、 京都で、わたしが日本料理の真髄を、確認した後、

 あるスピリチュアルグループの方が、お伝えしたいことがあると、接触をもとめてきました。

 そして、私に、ささやきました。

  ・・・ 「国譲り」 のとき、この国に入り込んだ神さまが、

     昨年11月の伊雑宮の遷御のときに、本来の場所に、おもどりになった。 ・・・

 「国譲り」とは、実際は、「国生み」と 同じ事実・事件をさしています。

   このことは、淡路島の諭鶴羽(ユヅルハ)神社に行けば、わかります。

 そして、このときに、日本列島に 「国(統治体)」をつくった事実に基づいて、

  あのとき、熊野に現れたヤタカラス の直系の子孫たちが、

  「うちの先祖が、 天皇をつくった」 としてきたのです。

 さて、この国は、本当に、アマテラスから、始まったのでしょうか?

 そして、 「鏡」 が、 神なのでしょうか?

  古事記の岩戸神話 をよく読むと、鏡は アマテラスの姿を、映したに過ぎません・

  アマテラスが、鏡に映った自分の姿をみて驚いているときに、タチカラオが岩戸を投げ飛ばした。

 一方、日本書紀の「一曰く」では、 アマテラスは、

  アメノコヤネの美しい祝詞の調べに誘われて、アマテラスが自らでてきた、としています。 

なにより、 そもそも、アマテラスとは何モノなのでしょうか? 縄文時代からいたのでしょうか?

 記紀神話自体が、701年に大宝律令ができてからあとに、完成したものです。

 このときに、とくに、高天原の神代編が作られたのです。

 高天原にいた神々が、地上の人間世界に降りた物語が、ニニギの「天孫降臨」です。

 ニニギ ~ ホホデミ ~ ウガヤフキアエズ ~ 4兄弟。この末子がカムヤマトイワレビコで、神武。

 記紀神話では、 高天原の神様は、働いていました。  

  ①稲作をしていた。畔があった。 ②機織(はたおり)をしていた。  ③ 馬がいた。

これだけで、BC660年のことではないと、わかります。 日本列島に馬が来たのは、紀元後2世紀です。

では、日本で、「三種の神器」という概念は、一体、いつ、生まれたのでしょう?

 712年に成立した古事記には、勾玉の名称はなく、当然、「三種」になっていません。

 720年成立の日本書紀に、「ヤサカニのマガタマ」あるわけですから、この間につくられた政治概念です。

 日本書紀の「天孫降臨」で、「三種の神器」が書かれ、ここでは、「ヤサカニのマガタマ」 が、筆頭なのです。

「ヤサカニ」とは、何なのか?

 三原じゅん子 さんならずも、 神社界の皆さん、文部省のみなさん、ご存知ですか?

明治になって中央集権国家をつくるために、神武即位年をBC660年と推定したのは、那珂通世 でした。

これをそのまま政治決定し、以後、21世紀になっても、そのままにしている知的怠慢が恥ずかしくありませんか?

これこそが、「箱庭」の名誉 の はじまりです。

そこには、まったく、普遍性がありません。 このままで、世界人類の平和を語るのですか?

宮崎の西都原古墳群は、4世紀~5世紀のものです。 BC660年からは、1000年も離れています。

さらに、BC660年とは、ダビデ王がいた古代イスラエルが北と南に分裂したあと、

 それぞれ、アッシリアと新バビロニアに捕囚された年の、ほぼ中間年に当たることを知っていますか?

それよりも、なにより、「国譲り」では、ヤタカラスよりも、金鵄 が、決定的な作用をしましたが、

 これが、どこからきた鳥なのか、知っていますか?

 いい加減、知的怠慢を卒業してください。 自然界と人類の未来に対し、真摯に向き合ってください。

 こんなことだから、明治維新後は、神社合祀で、どんどん、「鎮守の森」をつぶし、

 さらに、原発建設では、自然破壊の最先端に、神社本庁が立ってしまったのです。

 山口県上関原発の建設で、中国電力と組んで、一体、何をしたのですか。

 あなたたちの「かんながらの道」 は、本当に、イノチを削る 「カネながらの道」 でしかないのです。

 本当に恥ずかしい人たちです。 

 ホンモノの「神ながら道」は、あなたたちにどんな運命をもたらすか、もうお分かりでしょう。直視してください。   

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。