講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

【今年は「寒い冬」になりそうです!! 「姫川薬石」のお風呂で温まりませんか?!】

 今年は例年よりかなり早く寒波が到来しています。今年も「寒い冬」になりそうです。

その「寒い冬」に備えるために、「姫川薬石」を活用しましょう。

以前から「姫川薬石」をご紹介してきましたが、これは「ラジウム石」の一種で、自然のラジウムを放出している石です。

ラジウムといえば、病気治療で多くの人が訪れる玉川温泉や三朝温泉がラジウム温泉として有名です。

ラジウムによる「ホルミシス」効果によって、血液の循環を良くして、全身の細胞を活性化し、免疫力を向上させるといわれています。

120621_姫川薬石_131114.jpg 

 姫川薬石は玉川温泉の北投石のように強いラジウムは出ませんが、古くから「薬石」と言われてきたように、地元(糸魚川など)では活用されてきました。

大きなものは、お風呂に入れて、使われており、入れることでお風呂のお湯がまろやかになって、体が温まると言われています。

また、お肌がきれいになるとも言われています。 

「姫川薬石」についての詳細は、次のリンクからご覧下さい。 131114_姫川薬石_紹介資料.pdf 

様々な使い方ができますが、今回は、これから「寒い冬」を迎えるということで、お風呂に入れて使って頂くことをお薦めします。

お風呂に入れて使っていただくのでしたら、ある程度の量を入れていただいたほうが良いと思います。

(浴槽の大きさにもよりますが、出来れば2kg程度以上)。

入れる際には浴槽を傷つけないように、樹脂製のかごや袋などに入れていただくと良いと思います。

次の写真は、我が家で使っている姫川薬石で、2kg程度(長さは15cm程度)のものですが、樹脂製のかごに入れて、そのまま浴槽に入れっぱなしにしています。

 

IMG_1445.jpg

 皆さんも今年の冬は「姫川薬石」のお風呂で温まってください。ぜひご検討頂けたらと思います。

「姫川薬石」にはその他いろいろは使い方がありますが、「使用法」あるいは「ご購入」などの詳細については、次の連絡先までご相談ください。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL  03-3548-1025   FAX03-3548-1026  携帯:  090-5804-5078    E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。