原油安で金融商品が大崩壊。マネーの意味が変わる。デビッドアイクに注目だ。

  世界経済が、変わります。  原油価格が大崩壊。 これは、不可逆の方向だ。

 中国では、鉄鋼とセメントの過剰設備が廃棄に。  作りすぎたものが、廃棄に向かう。

 バブルの「処理」 の方法は、 平和的手法なら、ひとつだけ。 

  この点、プーチンは、原油価格の下落で、 国家予算の収入が減っても、 戦争屋を潰すことを優先している。

 アメリカでは、ヒラリーがTPP推進派から、反対に鞍替えした。 政治力がほしいだけの人間だから、人類の流れを見ている。 

 世界の指導者は、みな、新しい現実を受け入れているが、

 唯一、受け入れようとしないのが、日本の統治体。ここには、まだ戦争屋が残り、メディアを独占中。

  なんとしても、中国優位のアジア情勢を壊したいらしい。 

 中国を相手に、量で、対抗するのは、アホなこと。 人口が違いすぎる。生産力も消費力も違う。なにより、どこかの国の属国ではない。すでに、アセアンとは、自由貿易協定が有り、今、台湾も華僑も、AIIBや人民元国際化を歓迎している。 中国自体が、バブル処理と汚職退治、さらに、アジア全域を含めた大きな歯車を回そうと、必死で変化しているが、安倍の裏にいる、日本の国粋主義者の仲間は、これを見ない。見れない。

 日本は、中国に限らず、世界中の人間にとって、「憧れの国」であり続けることで、優位に立てるのに、そのことに気づかない。 安倍政権になって、日本が、どんどん孤立し、新しい地球人類の 新次元への移行から、外されていく。

 2016年は、文明史的な大変化の年。 超国家エリートたちに予測され、計算された天変地異がおきるのではないか?

 日本で、大地震が起きた時、 自民党は、政権にいなかった。 

  1995年の1・17の阪神では、 村山政権。 2011年の 「311」では、 民主党政権。

 4月に補選がある。 「不正選挙」がなければ、自民は 大敗でしょう。 

 不吉なことは、あまり書けない。でも、その先に、明確な光を感じる所為なのか、気持ちは、爽やか。

 今は、とにかく、備えること。  さらに、再生の手順を考えること。  

 再生とは、文明自体のやり直し。人間の存在意義や、今生で生きる目的も変わっていく。 国家、通貨、宗教 が、 まったく、新しく創り変えられていく。

 とりあえず、 今、直感で、感じていることを書いた。

 また、以下の、デビックアイク(レプタリアンの存在を明かした)の指摘も意味深だ。

 今の安倍政権は三菱と田布施マフィアだから、 明治にできた「日本国」と「日本人」に固執しすぎています。

 世界は、間違いなく、一つになろうとしているが、 ここで、国家や民族、宗教はどうなるか、 ですね。

 宗教については、ローマ法王フランシスコが就任以来、一つになるように動いている。 十字架にチカラはないし、イエスの真実はバレバレ。当然、日本でも皇祖神アマテラスについても、作り物の概念と、真実の神威が何なのか、はっきりする。 これが、伊勢志摩サミット?

 1月11日

デビッドアイクがずばり言ったな「移民政策」「大量移民流入」の目的は「世界の地域化」であって「ナショナリスト」と言うのを排除する、そのために「顔を入れ替える」必要があると。(民族融合だ・・・) 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O