講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

ナノ純銀が放射能地獄の日本を救う?しかも、小沢一郎の秘策?

 昨日、ある友人から電話があり、以下のホームページを見てほしい、と。

 http://nipponissin1.blog136.fc2.com/blog-entry-167.html

 ここには、ナノ純銀 という技術の報告があります。開発者は板橋区役所に勤める阿部博士です。

そして、特に注目されるのは、この開発者と、「国民の生活が第一」の小沢代表の関係です。

フクシマの放射能は、東日本と首都圏全体を汚染しているだけでなく、海洋にいたっては、

すでにアメリカの西海岸にまで広がり、 現地では、出漁禁止の事態になっています。

 http://www.tax-hoken.com/news_aefaB0l2sI.html

それに対し、日本では、福島沖の海産物が、堂々と流通し、「食べて応援しよう」という事態です。

野田ドジョウは、ようやく、官邸デモの代表と、面談する機会を作るようですが、国策としての原子力を放棄する判断が、この人間にできるはずはありません。

国民投票にかけるべきでしょう。

そうでないと、原発マフィアのあくどいやり方に、飲み込まれたままでしょう。

それにしても、小沢一郎・・・・。 本気で国民のことを考えているのかどうか?

放射能の低減技術を、全国から公開で集めるなど、昨年のもっと早い段階で、動けたのではないのか?

この分野は現在も仙谷と細野が仕切っているが、彼らは、あえて被曝を広げるばかりの対応をとっている。

原発マフィアの実像をあぶり出し、追い込めるのが、本来、「生存」次元から出発した「国民の生活が第一」。

・・・今の日本の現状が、海外からどう見られているか、それは、ロンドン五輪の開会式に現われています。  日本人選手団は、入場してすぐに強制退出させられましたが、その本当の理由は、放射能に対する怖さでしょう。 チェルノブイリを身近で体験したヨーロッパ人にすれば、今の日本国民の塊りは、そのまま放射能の塊りに見えるのでしょう。

国が決めた、あまりに「ゆるい基準」、さらに、放射能瓦礫を国内にばら撒き続ける政府をもつ人間です。 しかも、地震国なのに、原発再稼動が進みます。 嫌われて当たり前でしょう。

ps: 上述した、阿部博士の講演会が、8月9日に開かれるようです。

 関心のある方は、是非、行ってください。

 8月9日(木)午後4時から、憲政記念館第1会議室で〝放射能浄化勉強会〟を開くことになった。 阿部博士の研究経過や成果報告と、岩崎博士の報告などを予定している。

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。