講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

これで、首相の意思だけで世界中どこにでも、日本の軍事勢力を派遣できるわけだ。

なんとも、まあ。

「平和憲法」をもちながら、 「差し迫った危険」があれば、地球上、どこにでも、軍隊を派遣できる。

これは、積極的に、「差し迫った危険」の存在を調べるために、 情報網を、世界中に展開することを意味する。

海外で活動する日本企業の人間を、自衛隊の人間が守ることにも繋がるが、どんな言いがかりでもつけられる。

それに恨みを、もった人間が、日本に対し、さらに報復する?  

イスラエルのモサドは、国家存亡のために、徹底的に情報網を作っていたが、これと連携するというのか?

イスラエルは、日本の原発を管理していたマグナGSP社を所有していた。

日本国家に対する破壊分子を、見つけだし、跳ね除けるために、日本国内でも単なる警察機能だけでなく、軍事機能まで、すぐに動員できるようにする、というのか。 これをそのまま海外にも展開するのか。

「国家」を残しても、多くの国民が放射能で死に、残っているのが、病気と体力低下でブラブラ状態のままなら、その国家自体が、絶えてしまう。

 イギリスのフィナンシャルタイムに、安倍は、「自分の第三の矢は、日本経済の悪魔を倒す」と意見広告をだしたが、http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2997.html

 日本国内にある最大の悪魔は、 今の、電力会社と、医療業界ではないか。

しかし、これを、「日本経済の・・・」と言った場合、 この擁護者になってしまう。 「フィナンシャルタイムスを読んでいる世界中のお金持ちの皆さん、 貴方たちの資産を減らさない私は、正しいでしょ」 と、自画自賛。

 「日本経済の悪魔を倒す」といって、 日本国民の生活を、公務員と大企業を除いて、これからグチャグチャにするつもりなのだろう。 安倍の頭にある、その先の姿は、今は、竹中の頭の中身以外に、何か あるのか?

 安倍とその周りの人間に、日本人が預貯金を、すすんで使いたくなるような施策を、打ち出せるのか?

 将来に不安が広がれば、カネで備えようとして、ますます、財布は閉まる。

 ただ、眼前に死の恐怖が広がれば、そこから逃れようとして、カネは使われる。

 安倍とそのお仲間、そして財務省は、それでもいいと考えているか?

 ちなみに、隠し財産(預貯金、土地、証券)を残したまま、死んでしまった場合、どうなるか?

 預貯金に関しては、10%を金融機関が貰い、残りは、国庫が没収することになっている。

 生きているうちに、安全なイノチの現場で、自律・自立できる仕組みをつくるのが一番です。

 放射能による突然死もあるし、災害や事故が、いつ、襲うかもしれないのです。

 カネや体力があるうちに、カネがかからない、持続できる快適空間を作り出しておきましょう。

  そして、生きてるうちに、これだけは見ておきたい、やっておきたい、味わっておきたい、伝えておきたい、と言ったものは、全部、やっておきましょう。

 自分のために、未来の子孫のために、そして、イノチの大いなる流れのために。

 4日の安曇野、8月10日のサンクゼールは、これが主眼になります。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。