講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

家畜化している人間は、すぐヨコで死者続出でも何も考えない。二つのビデオは必見です。

大飯原発の再稼動差し止め判決は、日本の未来を決めます。このまま、日本の司法の一貫した姿勢になるか?   ・・・ 私は、もちろん、そう願っていますが ・・・

それとも、この判決を、高裁、最高裁で覆せば、日本のことを、完全に、「世界」は見捨てることになります。

見捨てる前には、今まで以上の「警告」もあるでしょうが、 最後は、「天」と思えるチカラが働きます。

そうなってはいけないのですが、今の経済界と金融界は、目先しか考えない経営者ばかりです。

一方、官公庁は、既得権と組織維持ばかりです。 原発マフィアは、私たちをだまし、民意を無視し続けてきましたが、これを政治によって、変えることができるかどうか? 原則論を言えば、これは、国会と司法の仕事ですが、はたして、まともに機能するのかどうか? 情報が公開されるのかどうか? 

それまでに、私たち自身のイノチと生活力が、持ちこたえられるかどうか、という持久戦状態になっています。

以下のビデオをご覧ください。 ただ、ここには、首都圏・東京には住めない、とまでは指摘していません。

NHK 「判決は何を問いかけたのか? 大飯原発差止め訴訟」

http://www.dailymotion.com/video/x1xlmpl_%E5%88%A4%E6%B1%BA%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%82%92%E5%95%8F%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%A4%A7%E9%A3%AF%E5%8E%9F%E7%99%BA%E5%B7%AE%E3%81%97%E6%AD%A2%E3%82%81%E8%A8%B4%E8%A8%9F_news

広瀬隆講演 5月23日、「埼玉から脱原発議員を出す会」。

https://www.youtube.com/watch?v=gLlkyiFWGvw

これまでの黒田バズーカが、まるで効果がないのは、 本当の「実需」に、向き合って来なかったから。

2011年3月11日以後の実需とは、 東電の経営を維持することではありません。

 産業力の強化ではなく、今、目の前にある、身近な生活に根ざした問題への、国家的な取り組みであるべきです。 待機児童や、高齢者介護に始まって、餓死者や自殺者を出さない仕組み、地方の自律・自立であるはずです。 

 そして、なにより、放射能の被曝対策です。移住希望者と、移住の受け入れ先に、政府のマネーや信用を供出することでした。 しかし、これだけはしたくない勢力が、基準値を引き上げ、今の安倍政権をつくり、支えている。

 放射能放出は全く止まっていません。こうしている間にも出続けています。 そして、放射性物質をカラダに取り込んでしまった場合は、ニコニコ笑っていても、病魔は進行していきます。

 個々人の肉体の許容量(個人差があります)までは発症しませんが、そこに達した瞬間に、一気に重篤症状になって、イノチを落とします。

 心配しながら、ビクビク生きるよりも、 どうせ、いつ死ぬか判らないから、何も考えず、今をとにかく、楽しむ。

 そう考える人もいるでしょう。  真実も、未来も、自分が有権者であることも、考えない人ですね。

 そうした人たちは、マネーしか見ない商売人にとっては、イイカモ になっていくばかりです。 

 私たちは、自分自身と自分の家族が未来の種に成る、と自覚する人たちとで、まず連携しましょう。

 地球上の73億人、日本人の1億2千700万人。 今年は、どれだけ減ることになるでしょうか。

 今、志賀高原の渋峠は、閉鎖されています。白根山が噴火する危険があるためです。

 今年、山菜の一種コシアブラは、北信州産のものでも、放射線量が高く、食べれませんでした。

 無防備で居られる事態ではありません。 未来のために、生き抜かないといけません。

 6月に入り、 国際会議が頻発です。  戦争なんかやっている場合じゃないので、当然です。 

 国家を超える「権力体」が、姿を現わすような予感がします。   

PS: 高山さんの最新ブログ。

   東京湾の汚染について書いています。http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/d/20140610

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。