講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

メリケル訪日、山本太郎のNHK出演、ドイツ航空機の墜落。9月3日抗日勝利記念日への安倍の招待。もっとも重要なのは3月20日のフクシマ。これがどんな近未来を示しているか?

 フクシマの現実を、直視したときに、何が起きるか?

原発マフィアと、東京の繁栄、株式の活況は、一体です。

メリケルは、福島の真実を告げに来ました。

そして、懸念どおり、3月20日に、水蒸気爆発。

 このあとにくるのが、地下での臨界爆発ですが これが、いつ起きるか?

この「今、そこにある重大危機」 の存在を、 メディアが伝えた段階で、

今の東京の繁栄(これは、まやかしの繁栄です)は、終わります。

 それを隠しながらも、 その日が実際に来るまでに、やっておかなければならないことが多い。

 「問題ない、大丈夫だ」と、洗脳報道を、続けながら、

 ① 大阪 「都」 構想の現実化

 ② 首都圏住民が西に流れこんで、パニックを起こすのを阻止。

    情報コントロール・群集制御のシュミレーションと、機動隊と自衛隊の配備計画。

 ③ 周辺国家に、侵されない準備。 外交と内部画策。

 ④ 首都圏の大地主たちの、売りぬけ。

 ⑤ ・・・などなど。。

今年は、GW明けから、騒々しくなります。 意識が高く、鋭敏な方は、それまでに動くでしょう。

今は、「日本大丈夫キャンペーン」で、外国人客が多く、また、オリンピック関連で、首都圏は大賑わいですが、 この背後で、 とにかく、フクイチの核燃料はメルトスルーで、どんどん地下浸透しているのです。

中国は、安倍に対し、9月3日の抗日勝利記念日式典への出席をもとめてきました。 戦前の日本国が降伏した相手は、 蒋介石の中華民国と、アメリカでした。 このとき、まだ、中国共産党は政権を獲っていません。

 琉球・台湾・日本・共産党。 そして、戦前の日本の半島支配。これをめぐる決着も、今年は、不可欠です。

これ以外に、富士山などの火山、首都直下や南海トラフの地震もあります。

私たちは、どうすればいいのでしょう。

冷静に現実をみれば、東京オリンピックどころではないです。 列島の西に、生存拠点を持つべきでしょう。

どの程度の「リスク」を、どう受け入れながら、 未来への足場をどう、つくるか?

安倍には、福島の現実がまったく耳に入っていない(話しても、意味がわからない)。そして、本当に景気が、回復していると信じているといいます。現実も未来も見えない、史上最悪最凶の幼稚な暗愚宰相です。これを野放しにしておくのが、日本の権力者・特権層(エリート官僚と財界人)なのです。現実を見つめない彼らには、先が見えています。 これが、今年の歌会の「御製」。 

29日の皆神塾は、ここまで検討します。 

巨大カタストロフィー(社会システム、肉体精神の崩壊を当然含む)に備えないといけません。 次を考えないと。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。