Bフルフォード:中国はペンタゴンの保護の元に南、北朝鮮と日本の合併に合意しています。

フルフォード氏が、パリのテロと、その後のデモを解説

http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/44cc3421e797112e325262f112cc30b4

この中に、掲題の指摘があります。

はて、ここでの「中国」は、どんなものか?

 「ペンタゴンの保護」 とは?

そのとき、天皇はどうなるの?

そもそも、この指摘は、〈中国〉が、〈韓国・北朝鮮が日本と併合する)のを認めたのか?

     あるいは、 中国が、韓国・北朝鮮・日本を併合することを、ペンタゴンが保護するのか?

   ちょっと、紛らわしい。 東アジアが一体化するにしても、意味がまるでちがってくる。

 25日の皆神塾までに、 真剣に、真相と実態・現実を見ておきましょう。

これと、BRICS開発銀行を作らせた「梅」さん。

 あと、原発どうするのか?  これ、電力供給装置じゃなくて、人口削減装置?

それにしても、今、習近平と李克強の粛清と改革のスピードは速い。 この二人は、小沢一郎とは仲がいい。

 中国は、歴史的に「易姓革命」の国。 変わるときは、大きな歯車で変わる。

それに対し、日本は官僚天国。 「万世一系」などというイデオロギーも、明治のときにできた。

以後、明治の門閥と大企業・官僚での緻密な利権構造で、悪魔に魂を売りながら、動いてきた。

もしかして、いま、日本の旧陸軍勢力が、中国に併合されまいとして、戦争をしてでも・・・と、考えているのか?

 隋と、当時の倭国(隋書では、あえて、俀(タイ)国と書かれた)のアマタリシヒコの対立。

このときに、浮き彫りなった「日本」を知れば問題ない。  もう、政治的なファンンタジーは卒業だ。

人口が日本の10倍以上も多い中国に、本当に併合される? そのときの主導権(主導原理)は、一体、何?

 問題は、マネジメント能力と公平性。 そして、統治体のオペレーション・ソフトの運営方法。

 日中に限らず、国家の暴力とインチキをどう抑えるか? ここに、どう立ち向かうか、ということ。

行儀の悪いオレ様主義や、官僚・司法と組んだ巧妙なダマシ、メディアをたらしこんだ責任逃れに、

どう対処するか?

民生レベルでの社会の健全さの問題。 

世界中の誰もが、進んで入りたがるような、いい現実(社会システム)を創ったものが勝ちです。 

 

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。