「静かな戦争」時代でも里山(森と農地)と湧水があれば明るくサーバイブできる。大伴旅人から邪悪退治の激。GW10日間は中野にいます。

マネーを追うのではなく、「ホ」と「添加物」「GM」「農薬」、電磁波が溢れる中、自分の生命力を如何に維持し、増強するか?なにより、元気な自分で居続けること。これが最低条件。消費でなく、想像と創造による表現に価値を置く。人間として自分は何を打ち出すか?
令月時代の始まりまであと3週間。今週末は中国の山東行き。泰山も孔廟も楽しみです。
私の研究成果ですが、第10代の崇神(ミマキイリヒコイニエ)が日本列島でのハツクニシラスですが、それ以前までの言うところの「欠史8代」について、だいぶ分かってきました。ここでは和風諡号が何を暗示しているかがポイントでした。
初代になっている神武(カムヤマトイワレビコ)はというと、三笠宮も言うように架空です。これは、神様世界の「高天原」と、三次元の地上世界、なかでも日本列島に実際にやってきたヘブライの「天孫族」という生身の人間とを繋ぐ存在です。神武の母が玉依姫で、名前が示す通り縄文の女神です。后には日本書紀では媛蹈鞴五十鈴媛命(ヒメ・タタラ・イスズ・ヒメ)でここには製鐵を意味する「タタラ」と、イエスを意味する「イスズ」があります。これは紀元前にあった存在の名ではなくて、どうみても、5~6世紀の列島の社会事情を反映していると思われます。彼女が生んだのが第二代の綏靖(カム・ヌナカワ・ミミ)。ここには、縄文のヌナカワを理解し助けた、との意味が込められています。綏靖の后にも書紀は五十鈴依媛命(イスズヨリヒメ)として、イスズを入れています。第3代の安寧の和風諡号は(シキヅヒコタマテミ)で、「タマ」を「みんなで手に取って見た(見るようになった)」という事実・事件が反映されています。綏靖からが実在の人間大王(オオキミ)です。もちろん、天孫族ですがこれは第4代から9代まで「オオヤマト・ネコ」の枕詞をもつ天皇が続きます。ここまでが国津神。第9代は開化(ワカヤマト・オオビビ)ですが、第10代の崇神(ミマキイリヒコイニエ)からが天津神、と私は考えています。
 そして、10代崇神、11代垂仁(イクメイリヒコ)の二人の和風諡号に「イリ」がついているので、このときから、血統が変わったとこれまでも指摘されてきました。で、その次の景行(オシロワケ)ですが、この人は実は次男で、垂仁には長男の五十敷入彦(イニシキイリヒコ)がいたが、殺されて、次男が大王位を継いだ。しかし、この時代に全国で反乱が始まり、九州の阿蘇の西にいる熊襲猛(クマソタケル)が最も激しく、それを小碓命が征伐にいった。熊襲猛から絶命前に、この名を名乗れと言われたのが「ヤマトタケル」。
 このヤマトタケルが伊吹山で山神にあい、その毒の息吹に中って、三重の能褒野で死んで白鳥になって昇天。その時の白鳥の羽を曳いてきた、という伝説の地が、応神(ホムダワケ)が埋葬された誉田丸山陵のある羽曳野です。さらに、その人間天皇ホムダワケを神(八幡神)として祀っているのが、宇佐神宮です。ここに聖武即位の翌年(725)に社殿ができるのですが、その前の708年に宇佐の敷地内に鷹居社が造られ、木幡神社の天神と同じ「アメノオシホミミ」が祭られていました。
頭の中の「神神の物語」と、列島での大王たちが歩んだ事実を組み合わせる。記紀の全体の物語は、基本は、稗田阿礼が口伝で伝わっていたものを太安万侶が書き起こし、それをさらに不比等が手を加えた。
 このとき、何が目的だったか?それは、列島での天皇の存在が、神代の時代から「万世一系」であると後世の人間に刷り込むこと。そして、大陸の皇帝の入れ替えを正当化する「易姓革命」論を嫌って、天皇は雲上人で人間存在を超えているので「姓がない」と制度的に決めて(日本国憲法でも、皇族は国民とはなっていない)、その上で、日本国ではこの時代から徐々に、あえて、権威と権力を分ける構造を作ったこと。政治的に、人間でない天皇と、現実世界での実際の実力者の二つをどう調整するか、そこに、鎌足~不比等~4兄弟から始まった藤原氏が、いつまでもどの政権の背後でも立ち続けた秘策があった。「お墨付き」の権利を持つ、制度と構造の番人として、いかなる政権ができても政治力を持ち続けて、自分たちに有利なように列島支配をしてきた。しかも、かれらの列島支配は「入鹿殺害」後の「大化改新」で付けられた「元号」の、その後の管理も重大な仕事でした。明治にはそこに新興門閥と受験エリートの高級官僚が加わり徐々に宦官化したのです。戦後は、その宦官化した高級官僚をアメリカのFRB周りの戦争屋が指導したのです。宦官の上に大ボスが来て、しかも、さらにややこしい人たちまで取り付いて、政治の中に、本来の列島側の縄文精神(真実、イノチ、正直)が消えかけているのが今です。
 さて、4月1日に決まった新元号の「令和」。これが、不比等の死後、最大の実力者になった長屋王の親友で、平城京の警護をしていた大伴旅人の嘆き・恨みが込められていたことを前回、本欄で紹介しました。大宰府に流されていたときに長屋王が自害し、奈良に戻った後に開いた「梅花宴」での詠んだ歌の序文から引用が、「令和」だったとも。
 さらにその旅人の文の典拠に、中国の東晋時代、会稽山の麓の蘭亭で王義之が読んだ歌があり、その前には、後漢の張衡の『帰田賦』があったと。
 因みに、大伴は、国津神、ニギハヤヒ時代からの家系ですから、教養人には大陸の始皇帝や光武帝の「金印」の頃の記憶もあるのでしょう。
何を言いたいか、というと、どうも、日本列島の天皇(スメラミコト)・大王(オオキミ)は、隣の中華の皇帝権ときわめて深い関係があるということです。特に、大王・天皇の周りにいた人間にとって、漢籍の教養が、そのまま、列島の人民支配での手本や指南書になっていたということです。
 しかし、その中華の教養や文化習慣の中で、列島での実際の援用にあたって、何を摂り入れるか、ここには、間違いなく、列島側のオリジナリティーがあったはずです。
 私が表現したいのは、この部分です。真実から離れず、不自然なこと、卑怯なことはしない。死ぬのは分かってiても、真心だけは、お互い思いあって、通わせあう。
しかし、不比等が日本国家の骨組みを築き上げた(日本書紀の完成)後、その統治体(国体)を動かす権力を誰が握るか、というとき、大変な邪悪が入っていたのではないか?それはそれ以後の時代でもつづいたことを忘れるな、と、大伴旅人が投げかける。それが、この令和時代になるのでしょう。
今、本当に列島に生きる個々人にとっては、生存をかけた「見えない戦争」が進行しているという、とんでもない時代なのです。邪悪を知り、邪悪を増長させない。令和時代に、人間として生きることを喜び、どんどん、その生きざまを形にして発現せよ、とエールを送られている気分です。

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。