今週末は『皆神塾』開催です!!・・・8日名古屋 9日大阪

 今週末は名古屋(8月8日)と大阪(8月9日)で『皆神塾』開催です!!

お誘いあわせのうえご来場ください。尚、開催要領については次のリンクからご覧ください。 → 皆神塾(名古屋・大阪)
 
その皆神塾(名古屋・大阪)のレジメが出来ましたので以下添付させて頂きます。
 
<レジメ>
 

『文明の清算 と 人類淘汰で、日本はどうなり、 あなたはどう生きる?』 

1)    86日、ヒロシマに世界が注目した。 安倍政権が世界に示したもの。 

    戦争屋の下僕の国家「戦後日本」。 敵国条項対象国。未熟な一人よがりの「洗脳社会」。 

2)    AIIBと、デブリ(地下臨界、放射性水蒸気)。 612日の白旗。                   

天皇の年頭所感、御製の意味。 

3)    安倍政権の支持率が急落。 戦後日本、近代日本の統治体の本質とは?

    そもそも国家とは? 暴力と騙し。 「かわいい縄文人」 

4)  統治体や権威を、相対化出来ない日本。 「水戸黄門」 と、「項羽と劉邦」

    「国家の始まり」をぼやかす。 神話と現実の区別がつかない。

「言霊」の功罪。 首相が「アンダーコントロール」といった時。  

リアリティー情報 と、政治的たてまえ情報。 (アカシック・レコードのA盤とB盤) 

5)  ガラパゴス化の始まりと、強化。 

天皇のアンタッチャブル化(官僚と神社本庁)が、悪魔を養育。

地上の人間社会に、絶対権威を創りだすのは、バチカン戦略。

「近代」を生み出した精神(苦悩)を語らず、成果のみを求めた精神の未熟さ。

目先の平和繁栄に、狡猾な悪魔に、国民を売り渡す、門閥と官僚(利権つくり)。

「平和国家(お花畑)」は養殖場。 戦争屋と協力者に「マネー供給」の「洗脳奴隷国家」。 

6) 2013年からアクエリアス。スノーデン情報と「シリウス」。

イノチを壊す既得権勢力(官僚・財界・メディア・原発・医学)の巣窟が日本に結集。

実態は、アベノミクス・戦争煽り・放射能無視。 どの次元まで、メスをいれるか?  

7)  今後の事態。淘汰。たどり着く先は?

人口減での社会大変革。 イノチと響き合う「日本の本質(花鳥風月)」で人類一体化。

個人の覚醒と生命力(どこまで耐える?)。 国家は消滅と、自律の中で新規の生存空間。

   核とITと遺伝子組み換え技術で、創造神の領域に。

エゴ(私的所有権)拡大が人類発展のダイナミズム時代の終わり。 マネーは単なる道具。

現実を生み出す新たな力。 「日本」が溶けて、地球に広がるものは?  

8)  民族絶滅を意識した時に。

日本の本質「仁品(ニホン)」の自覚と、6000年のシュメール型文明を使いこなす。

私有財産を発生させない、生命あふれる高度で便利な芸術型生活が、諸処で発現。

連絡先     株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX03-3548-1026

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

 

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3FF           

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O