講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

福島4号機がとんでもないことになっている。

 この国のメディアは、真実を伝えない。
 この国の政府は、イノチを守らない。
 この国の権威は、真理や真実を探究しない。
 この国は、常に、利権を求める学問と権威のみがのさばった。
 しかし、今、そうやってできた、この国は、急速に壊れていっている。
 原発の運転を求める財界人や、問題ないという学者やジャーナリストは、
 いますぐ、各地の原発のある町に、移り住んでもらいたい。
 そして、自分自身の人生をかけて、この福島の惨劇ときちんと向き合ってもらいたい。
 18日の夜の福島原発第4号機は、大量に放射線を放出しています。
 濃霧の中、かえって、その様子が良くわかります。
 「シリウス文明がやってきた」の本日のブログをご覧ください。
 福島原発の定点カメラ映像が出ています。
 http://mihoh.seesaa.net/
 ここでのコメントには、以下の最悪の内容があります。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 多くの日本国民が知らされていないのは、
 「福島原発事故は収束しない」ということです。
 海外の複数の機関では、
 「福島第一原発4号機が、まもなく崩壊する」
 という状況を見守っています。
 これが意味することは極めて大きく、
 事態は、「破局」へと進行中です。
 これは、現実に起きつつあることです。
 福島第一原発では、ここ1週間ぐらいの間にも、
 大量白煙が続いています。
 濃霧の勢いも強いですが、
 実際に、高い放射性反応を伴った、
 大量の白煙が上がっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 上記にある「破局」になるか、それはまだ判らない。
 しかし、今、すべきなのは、
 まずは、自分で、自分自身と家族を守ること。
 放射線を受けない。
 体内に入った放射線を消す、低減させる。
 放射線で痛んだ、細胞を修復させる。
 ・・・・・
 この国での惨劇は、これだけでは終わりません。
 利権を求めるのが国家の目的である限り、惨劇は続きます。
 人類が、そして、日本人が、生きている今の現実を
 穏やかで、快適にするのではなく、
 虚構のエネルギーである、マネーを得ることを目的にしている以上、
 現実の生命空間のイノチのヒビキが、置き去りにされます。
 
 そして、心と体に、痛みが生まれます。
 大切なのは、生きている、今の状態です。
 すでに、本欄で指摘してきたことです。
 今ある喜びを、膨らましていくこと。
 喜びを形にして、出会うイノチにとどけること。
 喜びとは、繋がること、 悲しみとは、その繋がりが切れること。
 平凡なことを、貴重なものに変えること。これが本当の錬金術。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。