3つのコスモスと、3つのナゾナゾ。2つのソウゾウ。2つのジリツ。「未来創庵」の始まりだ。

  こんにちは。  年末年始、信州中野に来る人のために。

まず、

 3つのコスモス。  ・・・  これは、 次の3つ。

 マクロコスモス(macro cosmos)、 マイクロコスモス(micro cosmos)、 マインドコスモス(mind cosmos)。 

 ・マクロコスモス とは、 大宇宙大自然 であり、自分を取り囲むもの。 ここには、宇宙の摂理がある。

  その主宰者は、天空にある不動の星、北極星にいる、と、概念的に理解されてきた。 「太一」ともいう。 

 ・マイクロコスモスは、個々の生命体としてまとまった一つの世界を指します。簡単に言うと、身体(独立機能体)です。

  自分で意識する自律神経系も有りますが、身体は基本的に、マクロコスモスの大法則に支配されながら、個々の生命活動を行います。身体の中では、一つの宇宙となっています。

 ・マインドコスモスは、人間がもつ、精神宇宙です。 これは観念の世界であり、とくに、人間が言語をもつと、より明確な概念宇宙を構成します。 簡単に言って、 ココロ の世界です。

上記3つのコスモスにあって、絶対の真理で貫かれているのが、マクロコスモス。 

二番目のマイクロコスモス(身体)は、太陽と地球の関係性によって創りだされる、時間と空間の制約の中にあります。個々の生命体に寿命があります。 しかし、生命の流れといった場合には、地球上で誕生した生命は、すでに、38億年の、生命振動を今に伝えています。

 私達の存在は、人間社会にあっては、母体から誕生して数十年をへて死を迎えますが、イノチの全体の流れは、これまで何億年も続いてきたのです。  

3番目のマインドコスモス は、ココロという内面宇宙のことです。本能と感情という面は、全ての生命体が持っているのですが、人間は、それに加え、想像と創造ができるという点で、他の生き物とは、全く異なる存在です。 しかも、心や意識という内面宇宙を、まず、音声で表現するだけでなく言語化し、それをさらに文字化して記録性を高めると、文字によってできた言語宇宙が、それを発した本人からは離れtて、独自に、人間社会に歩き出します。

 ココロは 常に変わりやすいのですが、 「思いやり」や「透察」、「共感」という言葉があるように、自分以外の生命体のココロの世界を感じ取ったり、響きあったりできます。ココロの世界では、時間・空間を自由に超えて、遠距離の人間や、別次元存在や精神情報体とも感応しあい、過去や未来の存在とも、場合によっては交流が可能になります。ただし、ここには、まがい物も多く入ってきます。そして、私達の人間を使って、三次元で暴れたいとする、困った存在の餌食になってしまうこともあるでしょう。

 ココロの世界は、コロコロかわります。 どこにでも、広がれば、一瞬にして、消え去る世界でも有ります。

この3つのコスモスを、一つの響きで、貫かせて生きることが、理想だと、私は考えています。

 この3つのコスモスの中で、 どう、三次元の地上で生きる、自分の世界を創り出していくか、それを、意識して、毎日を暮らすことが、自律です。 これは、経済的に生活が成り立つ、自立とは、全く、異なるものです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に、 3つのナゾナゾ。    以前にも、書きました。

 まず、

① ウルトラマンが、 食べたくても、食べれないものは なあ~に?     

 次に、

② 使えば、使うほど、増えるもの は、 なあ~に ?

 そして、

③ 私の名前を呼んだら、私は消えてしまう。 私は一体、何でしょう?

 

 上から、大体の正解率は、 70% 40%   20%  です。

私は、このナゾナゾを、2003年から、楽しんでいます。 ちょっと、ヒント。

 ①は簡単です。 ウルトラマン の地上での活動時間 を、考えれば、すぐに、わかります。

 ② 3次元での物理的な物体だと、なんであれ、使えば消耗し、減っていきますから、ありえないことです。 しかし、ソフトだったら?  「使う」主体は、私達人間なのですが、そうしたものを総称すると・・・。

 ③ は、難しいですね。 以前にも書きましたが、このナゾナゾは、イタリア映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の劇中で、ナゾナゾ好きのドイツ将校たちのやり取りで 話されたものです。

 これも、物理的なモノをさす「名」ではありません。 こちらは、「状態」や「状況」 と、ヒントを出しておきます。 

・・・・・  で、なんで、こんなことを、新井は喜んでするのか? 

 自分が肉体をもって、この3次元世界に、2015年の年末に、日本列島で、人間として存在しているということの意味を、大切にしたいからです。。 特に、日本語を話す日本人として。

 今の、日本列島にある、国家とは、どういうものなのか? ここで生きる人間の意識はどうなのか? 

どうすれば、この閉塞状況を変えられるのか?  これを考えるときに、 いつも、この3つのコスモスと、3つのナゾナゾ。さらに、2つのジリツ(自立、自律)、そして、 2つのソウゾウ(想像、創造)を、考えます。

 さらに、これまでの地球人類としての、直立歩行からの350万年。火を使い出して36万年。声で、共同作業を始めだした20万年。

 そして、最近では、単なる新人(クルマニオン)だけでは、文明を持てなかったとして、6万年前に、新人がアフリカを出てから後、外部からの特殊遺伝子が入れられたスーパーな存在がいて、それらが、文明を創りだしたと、考えるようになりました。

 で、現在につながる文明の起源は、やはり、約6000年前です。

6000年前からの地球全体での人類の発展を考えながら、日本列島のもつ特殊性を浮き上がらせる。当然、ユーラシアとの広く深く長い、多様な交流をへて、 ここに、日本人社会が生まれています。

 戦後の日本が、なぜ、お上のすすめる原子力に、盲目的に依存するようになったのか?

それを、311以後の現在も、役人と地方の議員、さらに、出入り業者が続けようとするのか? 私は、日本列島に生まれた権力構造、すなわち、日本国と日本人の出発の部分が、きちんとわからないと、原発シンジケートを葬り去ることができないと考えるからです。 こんなものに、とらわれない、依存しない世界をどう創るかです。

 日本の場合、本来、人間世界と自然界を結ぶ大祭主である天皇が、戦後、アメリカ
の臣下になった「日本国」の権力構造で、そのまま権威として存在し続け、行政府の存在や、政策の進め方の認証者になってしまった。

 そして、官僚や財界は、この天皇の存在を、自分たちの政策や利権のための「お飾り」にして、本来の、天皇の「御心」と離れて、マネー崇拝、マネー追求を推し進め、どんどんイノチを削りだしても、その体制が、変えられない。

 特に、日本の行政府が、まるごと、アメリカの戦争屋の手の中にあり、安倍内閣になって暴走がさらに激しくなった。

 これに対し、ようやく、世界の王族会議の方から、この異常性を糺す動きが始まったのが、どうも、2013年のオランダ新国王の即位の時からです。 このときに、我が国からは、皇太子ご夫妻が出席されました。

 オランダ王国と日本皇室の関係は、南北朝時代から始まるとの落合莞爾氏の研究結果を、オランダ側が特に重視し、以後、日本国家の権力あり方もきちんと研究されだしたようです。(これには、日本の権力構造を解明したウォルフレン氏の功績が大きく生かされています)。

昨年2014年10月にオランダ国王夫妻が我が国を訪問し、陛下に会われています。それから一年、今、王族たちが、この、戦後アメリカの戦争屋支配になった国をどう変えるのか、まず、周辺問題に手をかけ、その解決に目処がたったので、これから、日本の本丸に入るようです。

 問題は、今の日本の政治の舞台で、人類史的大問題である「フクシマ」の放射能を、真正面から指摘できる政治家がいないことです。 この重大問題を、どう処理するか? 真実を出した時、国内の人間をどう誘導するか、を、誰も考えていないまま、すでに、5年近くの時間が過ぎてしまったのです。

 私が、コスモスのことや、ナゾナゾを本欄で出すのは、一人でも多くの方と、私達が、自分自身の問題として、人類の、そして、民族の、大問題を、如何に処理するか、知恵を出しあいたいからです。

 ストレートに、真正面から取り上げる政治家を、探しだし、みんなで、育て上げるしかありません。

私は自分が見える世界については、惜しみなく開陳するつもりですが、自分には、まだまだ、見えない世界が多いのです。自分の背中や後ろ姿が見えないくらいなのですから。 

世界の構造を知りたいと、大学を出てからずっと念じてきて、ようやく、少し見えてきました。多くの出会いのお陰です。ですから、本ブログの閲覧者の中にも、私の知らない、多くの真実、多くの有益情報がかならずある、と信じるものです。

「お上のお達し」や「撹乱情報」ではなく、人類世界の真実を知り、いい現実を創りだすために、この年末年始から、「未来創庵」を始めます。

 《 問題は、それが問題だ、として認識することから、解決が始まります。》 

 認識されなければ、問題は、絶対に解決されないのです。

私は、日本が人類世界の中心になることを疑いませんが、そのまえに、慣れ親しんだ「統治体の枠」を、作り変える不退転の意志が、不可欠です。

 何を活かし、何を捨て、何を、新たに創るべきか?  どんどん話しましょう。 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp