講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

【お知らせ】明日(2月22日)は『皆神塾・大阪』開催です!!

 明日、2月22日は『皆神塾・大阪』を開催します。

レジメが出来上がりましたので、以下、添付させていただきます。

皆様のご来場をお待ちしております。 

講演内容: 『王族会議が進める新通貨体制とイスラム国の真相。

~FRBに取り憑いた悪魔を消していく~』 

1)  年頭所感「満州事変からの歴史を見直せ」と 歌会始の「御製」

「夕やみの せまる田に入り 稔りたる 稲の根本に 鎌をあてがふ」 

2)  オバマとネタニヤフの来日。 FRBの機能を支えてきた日本とイスラエル。

湯川遥菜と後藤健二は、日本の中枢がISに送りこんだ? 

3)  仕組まれた20日の「映像」ネット公開。マケインとの面談の持つ意味。

いち早くホンモノと断じ、異論を許さない日本政府。 

4)  「お花畑」が消える日本。あえてテロの標的に。

戦争の舞台は情報戦。

基軸「通貨」と人造国家イスラエル、悪魔の関係(ジオニスト)の人類史的「処理」。 

5)  オバマは、安倍と習近平を国賓で招くと言い出したが、「尖閣」は?

   中国マネーと中国覇権は、日本をどう変える?   

6)  対テロで世界は強引に1つに。

政府作為のインチキがバレても、情報機関設置。

格差社会、環境破壊、若者の就業,農村交配は、どう解決する? 

7)  人口10億人へと「自然死」。日本人の生死と尊厳をかけた覚醒が始まる。

世界人類の希望の中心に日本人が立つために、最後の大峠。 

  カゴメの籠が消えて、世界は菊(仁品)を求めだす。

 

「皆神塾・大阪」の開催要領 

   場所: 「難波神社」

        中央区博労町4丁目13     TEL06-6251-8000

   時間: 14時から17時くらいまでで

      参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

      地図: 地図については次のリンクからご覧ください。 → 121114_地図_難波神社.pdf

連絡先 

ご質問などございましたら、ご遠慮なく事務局の室伏までご連絡ください。

連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。