講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

今週末21日(土)は皆神塾(東京)。次回、京都ジャパネスクは6月11日(土)です。

 結構、忙しいです。
少しでも、仲間や同志の連携を進めないといけません。
これは、「個と個による魂の連携」です。
これは、生きている三次元の現場に、きちんとした
イノチの情報の「網」を作るものです。
 翡翠と、姫川薬石が揃ったことで、
 「三つのコスモスを響かせる」という、ヌナト・ワールドの原型が生み出せます。
  マクロ コスモス   大宇宙・自然
  マイクロ コスモス  人体・個体生命
  マインド コスモス  精神宇宙・意識
  極大~極小。 虚と実。 陰と陽。
 これは、誰にも、体感をもって、その存在を確認できることになります。
 6000年前に、ヌナカワヒメが、感じていた世界です。
 人類に文明をもたらした、私達の脳の中の「分離感」が解消され、
 そうして創り上げた文明(科学技術や意識構成上の知見)を使いながら、 
 より美しく、やわらかく、響きあえる現実世界を生み出すことができます。
 個々の人間にある、内なるキリスト意識、
 Inner Initiative (内発的創造性)こそが、
 豊かで伸びやかな世界を、この地上に創り出していきます。
 
 そして、次々に起こる事態に対しても、的確な判断を生んでいきます。
 過去に組み立てた「未来」(特に、金銭と利権)に囚われることなく、
 今を、「喜びの連続」で満たしていけるようになります。
 そのとき、地球の四季、花鳥風月とは、人間の心も体も、一体でなければなりません。
 そうした、極小から極大までの、あまたあるイノチの振動数は、
 それぞれに、独立しながらも、打ち消しあうことなく、調和しているのです。
 私達人間も、その中で溶け込みながら、自分の内面から沸きあがる、美しい世界を
 この地上の現実に、生み出し、描きあげるようになります。
 この確信・核心を掴んでいる仲間を、どんどん、広げていく。
 私は、これを、急ぎます。
 たんなる、電子信号上の「ウエッブ」(サイト検索とメール)だけでは、
 現実創造はできませんから。
 まして、これまでの国家や利権の枠組みに囚われたら、もう、おしまいです。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。