21日は夏至。昨日20日、伊勢の伊雑宮に行きました。YAMATOの節目。

 今晩は。

今回、名古屋~大阪~伊勢~宇治を回って、 今朝、信州中野に戻りました。

かなり、ヘビーなものになりました。

最初が、中里博泰氏の墓参り でした。

19日のメッセージは、大阪で収録しました。

20日、初めて、伊勢の伊雑宮に行きました。

 そして、ある道場に案内されました。

 そこでは、  剣 と 神武(カム・ヤマト・イワレ・ビコ) の意味を、

 真剣に、考えさせられ、多くの気づきがありました。

それも、シュメール・エジプト ヘブライ からくる

  ユダ族の決意につながる真理でした。

 剣とは何か? ぶれない心とは何か?  つながるとは、何と繋がるのか?

 

 こうした、ことが、自分なりに、きちんと理解できたときに、

 勉強会仲間の別の女性が参加し、 以下のようなことが書かれているブログを紹介してくれました。

 

  籠神社 は、 アルファ  α    始まり

  

  伊雑宮 は、 オメガ  ω     終わり

 

 私の歴史観では、 縄文の日本列島に、どのようにして、ヘブライが入って、日本国を創りだしたのか、

 この歴史が、 アレクサンダーの死後の、BC320からで、その最初が、 宮津の籠神社。

 それが、今年の夏至を前にした、満月の日に終わりになった。

 そして、切り替えが今日の夏至。

   ようやく、東電は、メルトダウンを隠していたことを、認めました。

 間違いなく、これから、 日本社会は、根底から、変わります。  

 明日から、参議院選挙がスタートですが、始まったのは、全く別の次元からの変化です。

    YAMATO そのものが、 変わっていきます。

 縄文から、どのようにして、日本国ができたのか? 

 この纏めを、26日に、東京の三田で行います。 

 日本を変えるのは、私たちです。 

 これまでの制度に対する依存を、ことごとく払拭することから、始まります。

 まず、イノチの砦を築け。そして、 自律・自立した者同士で、連携せよ。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O