講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

2014年年末は、日本の戦争屋の整理でしたね。今年は生存のための衛生空間つくりだ。

2013年の年末に靖国神社に参拝し、さらに、2014年はNHKの経営委員が「天皇のために死ぬことが日本の精神」という戦前の亡霊を呼び覚ました、安倍晋三。

この三菱倶楽部・田布施マフィア・戦争屋のポチが、2014年年末には、世界中からは笑われる始末になりました。

共同通信は、12月31日に、以下の記事を流しました。 こんなこと、日中関係の専門家なら、常識だったのですが、ここを、無視して、自分勝手の世論を創ろうとしたのです。

2014年12月31日(水)2時0分配信 共同通信

 

【ロンドン共同】1982年9月、鈴木善幸首相が来日したサッチャー英首相(いずれも当時)との首脳会談で、沖縄県・尖閣諸島の領有権に関し、日本と中国の間に「現状維持する合意」があると明かしていたことが分かった。英公文書館が両首脳のやりとりを記録した公文書を30日付で機密解除した。「合意」は外交上の正式なものではないとみられるが、鈴木氏の発言は、日中の専門家らが指摘する「暗黙の了解」の存在を裏付けている。

 日本政府は現在、尖閣諸島問題について「中国側と棚上げ、現状維持で合意した事実はない」と主張、暗黙の了解も否定している。

・・・基本的に安倍はアルツハイマーと同じ。昨日、何をいったのか、まるで覚えていない。そのときの自分の気分だけ。権力の大きさと行使の仕方だけは知悉している、危ない困ったチャン。

 民主党時代に、本当に国家が壊されそうになって、あわてて、『俺んちの先祖が天皇を創った』という人間が出てきて、何とか「国家の骨組み」を取り戻し、そして、そのジイサンの私情が優先されてしまっている。

官僚たちも当然これに倣う。 それに加えて情けないことに、そうした日本の実情に、

「梅」の人たちも「静かな人口削減にちょうど良いんじゃない」と、原発推進にNOを言わせず、放射能規準緩々の毒物を世界中に流す。

 自主的淘汰。

今日は、2015年の元旦なのですが、家の事情があって、「おめでとう」とはいえません。ごめんなさい。

それよりも、みなさんに報告。

年末、12月29日、中野市の私の家に、ベンチャー企業の雄だった川合アユム氏が友人と訪ねてきました。株ヤマトの経営権は手放したそうですが、人類を救済する事業「衛生革命」に意欲もりもりもりでした。

http://www.yamato-one.jp/company/founder.html

純銀イオンを出すセラミック「マナチュラ」。大阪産業大学の山田修教授との著書

『環境衛生革命』 三省堂 も頂きました。

パリ・ダカールにバイ
クで出場するなど、とにかく、行動力のある人物です。私も、このマナチュラに興味をもちました。川合氏と最初に出会ったのは、20年前でした。

で、今年ですが、

とにかく、政府の公式発表で、「二人に一人がガンになる国」。それで、医療機関が儲かって、それが経済成長になるとするのが日本国ですので、

ガンにならない、ガンになっても、自然治癒力だけで、健康を回復できる空間創りをめざしましょう。

 この「マナチュラ」と、飯山大魔神の「乳酸菌」を併用し、さらに528HZに、姫川薬石、そして、森オッパイの伏流水。 まだまだ、秘密の手法はある。

それらを、上手に活用して、生き残る。皆さん、中野に是非どうぞ。 

ps:昨日の紅白、ここが面白かったね。 サザン桑田のちょび髭。

 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5009.html

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。