講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

オリンピックは王族が鳩首し、賭けを楽しんで2012年クライマックスを話す。

来年、日本では伊勢神宮の式年遷宮が行われます。 

今はその前の準備に神社界は大忙しですが、地球の管理者たちの間では、マネーが大問題です。 

どうも、世界の中央銀行に、ゴールドを配った大元さんたちが、今後のやり方に新規ルールを話しているからです。

世界の中央銀行が抱えている元金(ゴールド)とは、その7割が元々は日本列島から流出したものでした。 忠臣蔵のあとの18世紀後半、サンカの秘密業務として客家と組んで日本列島から流出し、一旦、ボルネオ島に集められた後、世界各国に配られた。

その金は、「四海同胞」の理想のもとに、各国に密かに配られますが、王族たちに大きな財産権を与えながら、中央銀行制度とともに近代国家を作り出した。 国民の帰属を明確化し、一元管理した戸籍と 租税体系、さらに兵役の義務。そして、国家間での大規模戦争が続きました。

 日本の場合、島津斉彬が活躍する幕末に、それまで秘密にされたこの金塊の所在が明らかになり、この金を使って、西欧列強に負けない国家を作り出すという意志が生まれます。そして、中央集権の明治政府が誕生しましたが、戦後は、安全保障はアメリカに委ねた形(実際は、乗っ取られた形で)で、それが継続しています。

 しかし、今、この弊害が極大です。 アメリカの虎の威を借りての利権まみれは、 構造的な大問題。 これには、エネルギーも、農業も、医療もある。  

 人類全体の視野で見れば、今、戦後の世界経済の仕組みをきめたヴレトンウッズ会議と同じ次元で、人類の文明再生の議論が始まっています。 もはや、米ドルは、今後は、世界の基軸通貨たりえず、ユーロは消滅寸前。 アジア共通通貨に向けて、6月1日から人民元と日本円が直接交換が始まっても、その先は見えません。

 世界中で、新しい通貨制度が模索されています。 通貨そのものに対する根本的議論が必要です。

 人類社会は、まだまだすぐには通貨とは縁は切れないが、環境問題、富の不均衡は、グローバル化で、世界中に広まっていく。  強引な人口削減政策は、止めさせたが、今後、一体、どうすればいいのか?  

 世界には、あまりに、行儀の悪く、 厚かましく、嘘つきで、さもしい人間が多すぎる。

 肝心なのは、日本。 

昨日、早速、橋下市長が野田総理をヨイショ発言しました。 これは、反財務省を掲げる小沢一郎とは組しないと言う宣言であり、財務省のお仲間になると表明したもので、これが、TPPに関して、出ています。

小沢は反TPPであり、これは自民党時代に出来上がった農業や医療の既得権保護を言うものです。小沢は政局だけの人間ですから、このTPPは、今後、どんな扱いになるか、見ものです。

 TPPを進める総本山は、アメリカではなく、シンガポール・ブルネイであることをお忘れなく。 

これからの日本の政治は、どんな筋書きで進んでいくのか? 天変地異(人工?)も踏まえ、どんどん変化する。

来年、伊勢神宮は、『式年遷宮』ですが、今年4月11日に伊勢のニ見浦は完全に干上がり、しかも夫婦岩を結ぶ綱が切れてしまった。 そしてこの6月からは、志摩温泉では泥が噴出す異常事態が始まっています。 

701年の大宝律令から始まった日本国が、完全に、入れ替わる事態が進展しているのかもしれません。

今は、生存について、自律・自立できるように、まず、自分のイノチと仲間のイノチを守ること。 

日本全国、放射能汚染に加え、地震がどこで起きてもおかしくない。 特に太平洋側は要注意です。 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。