2011年3月8日の石原慎太郎インタビュー内容をカート・キャンベルが確認後に、「311」が起きた。

 戦後の日本国政府は、「平和国家」の表看板の裏で、核兵器開発を進めていました。

  2011年3月8日のインデペンデント紙に、石原都知事へのインタビュー記事があります。

 http://www.independent.co.uk/news/world/asia/japan-must-develop-nuclear-weapons-warns-tokyo-governor-2235186.html

  石原都知事: 「日本は核兵器を開発すべきだ」       

 Japan must develop nuclear weapons, warns Tokyo governor By David McNeill in Tokyo Tuesday, 8 March 2011    出典 The INDEPENDENT

  
日本は1年以内に核兵器を開発し、世界に力強い メッセージを送れる」と語った。
In an interview with The Independent, Shintaro Ishihara said Japan could develop nuclear weapons within a year and send a strong message to the world. 
 

このインタビュー時点の当時、石原知事は辞任を表明し、元神奈川県知事の松沢氏に譲る約束をしていました。

この記事が出てすぐに、アメリカから対日政策の最高責任者のカート・キャンベル国務次官補が急遽、東京に向かい、3月9日に到着し、すぐにアメリカ大使館に入りました。10日に、石原は辞任を翻意し、11日の午前中に続投の記者会見をしました。

その日の午後2時46分に地震が発生です。

3月8日の時点で、「これはえらいことになる」と、判るものには判ったのでしょう。

この辺の事情を、当時の民主党政権のトップだった、菅直人や仙谷由人は、全く語りません。、

 日本には、国家として、核ミサイルを持たせてはならない。

 これが、ヒロシマ・ナガサキから始まった、金融ワンワールドの意思でした。

 戦時中、日本でも核兵器を開発している中、あえて、被爆国・敗戦国にしたのは、昭和天皇でした。

しかし、終戦後も、敗戦を受け入れられず、隠れてとんでもないことをしていたのが日本の軍部。

 東電のフクイチがその舞台であることを、小泉も安倍も知っていたでしょう。

 イスラエルのマグナBSPも承知。

そのうえで、これを破壊するために、「311」の前までに、フクイチに、壮大な仕掛けを造っておいたのでしょう。

そして、民主党の菅直人政権のとき、この石原の言説が世界発信されたことをきっかけに、ゴーサインが出たと、考えるのは、想像にすぎますか? 

さらに、このときの地震のあとの、

  フクイチ爆発と放射能拡散まで、事前に予想されていたのではないでしょうか?

  そして、フクイチ爆発後に、日本では、放射能の「封じ込め」を、判断できなかった理由は何だったのか?

 ・30歳未満の人間を即刻全員避難の手配。

・村落ごとに、移住先で新規生活に移るように、政治決断をすることは、できたはずです。

 移動を望まなかったのは、「スピーディー」の公開を拒んだ福島県でした。

 これで、そのあとの国策での方向が、すべて決まってしまいました。

 あれから、もう、すでに、5年3か月以上が、過ぎているのです。

 石原慎太郎 は、 なんやかや、司法とメディアから守られ続けています。なぜでしょう? 同氏は、

  尖閣でも、東京都が購入すると言い出し、野田政権を慌てさせた。

  「311」直後に、これは天罰だ と、大声で吠えていた。

  そして、今、田中角栄の礼賛本を出版しています(本人が書いたかどうかは、知りませんが)。

 




ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O