講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

明後日22日は冬至。宇宙ともっとも繋がる日。日の出を見るように。秋元の光が見れるかな。

 こんにちは。

22日は冬至です。

北半球では、一年のうちで、一番昼が短い日です。

冬至の前に雪が降ってくると、チリにまぎれて、多くの化学物質や放射性物質を落としていますので、

大気はとても清明になり、透き通ってきます。

宇宙の声がもっとも聞こえる(響き・情報をつかめる)日です。

これは同時に、自分の内面の光と、宇宙情報が、共振する日でもあるのです。

2004年の冬至に、九州の阿蘇山の隣にある、鞍岳に登ってご来光をみました。

 このときは、明けがたはとても寒く、岩の上に霜柱が立ち、そこに、とても面白い文様をみつけました。

  これは、2万年前の人類が残したものでした。

20万年前にアフリカで誕生した現生人類は、6万年前にアフリカを出てから、世界中に移動します。これを、「出アフリカ」と呼ぶ人もがいます。

私は、それ以後、大体、4回の文明期があったと考えます。1万5千年で、1文明期で、現在は、「出アフリカ」以後、第4文明期から、第5文明期への移行期です。

1万5千年前から始まる縄文時代は、第4文明期にあたります。その前の1万5千年、すなわち、3万年まえから1万5千年前は、地球は寒く、最後の氷河期のウルム氷期の時代でした。このときの人類は、どうも人間の意思をそろえることで、重力を制御する技術をつかみ出していたのではないか、と考えます。

鞍岳でみた不思議な文様は、そのときの遺跡と考えます。阿蘇のまわりには、この氷河時代の遺跡があります。

10年前の冬至では、昼に、弊立(ここは阿蘇の観測所)を参拝後、東の宮崎県側にいって、秋元神社にいきました。これは高千穂神社の奥宮にあたります。

 私が10年前に、皆さんをお誘いしてから、結構、有名になりました。

冬至の日の「光」を見つけたのは、1998年でした。秋元神社は北東(ウシトラ)の方角を向いている神社です。北半球で、北緯30~40度ぐらいですと、ウシトラの方角に立っているだけで、地球の自転によって、宇宙に遍在する生命波をどんどん受け止めることができます。

地上の人間は、6000年前から、一部の人間がキャッチしたものを独占して権威を作り出し、階層を固定化し、ピラミッド構造を作るのですが、このウシトラの方角に流れ込んでくるものは、そうした、人為による思想や固定概念の枠を溶かしていくものです。ストレートに、宇宙の根源神(実態の生命波動)と繋がるものです。

それゆえに、歴代の為政者は、この波動を自分たちだけが独占し、民たちには、近づかせないようにしてきたのです。

 それが本当の、鬼門の意味です。 この波動は、正しくは、根源生命波といってよく、心がまっさらな状態でないと、変質してしまいます。既得権を持ち、それにこだわる人間は、すでに汚れていますから、これを浴びると、自分の足場が崩れる感覚になります。しかし、普通の人間には、本当の自分に気づき、どんどん、覚醒が始まるのです。

 この秋元神社の場所は、3万年まえから、奇跡の場所として、記憶されていたのでしょう。

そして、縄文時代にも。そして、ここに、卑弥呼の時代にも、やってきた人物がいます。

その人間が以後、東征し、今につづく、天皇家を立ち上げています。その人間たちが、ここでの冬至の秘密を封じ込めていたようです。

地球は歳差運動をしていますので、私が最初に見た1998年と、2004年でも、少し位置や時間に違いがありましたが、冬至の午後2時56分からの4分間に、秋元神社の背中にある山の谷間に、太陽が嵌り、美しい光が現れます。

 今年は、どんな光になるのでしょう。2時45分から3時10分くらいまで、神社の手前、30メートルくらいのところから、神社とその背景を見るのがいいでしょう。

 この冬至から、ニホンは、まちがいなく、違うステージになります。

これまでの、「お上」の崩壊がはじまるでしょう。

私たちは、「その次」の繁栄の形を、準備しましょう。

秋元神社の祭神は、国常立。これは、玉置神社、木曽の御岳、と同じです。

 宇宙と響きあう、地球の神様です。 宇宙摂理と離れたものを、壊すと同時に、新しいものを生み出します。

6000年の人類文明そのものの、「ユズルハ」です。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。