講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

七代200年を考えて、今を生きる。

 こんばんは。
我が家でも、「迎え盆」です。
私は中野市で生まれましたが、私の家のお墓は須坂市にあります。
古い先祖のものは臥龍公園の中にあり、付近には八丁鎧塚古墳があるので、
明らかに、騎馬系の部族の流れです。
きっと、継体天皇になるオオドと一緒に日本列島に来た人でしょう。
日本のお盆の習慣は、庶民には江戸時代に広まりますが、
最初が、斉明天皇の時代と先日、書きました。
「盂蘭盆会」は、先祖供養が元です。
死後まだ苦しんでいる先祖を、きちんと成仏させるのに、
今生で生きている自分が、正しい生き方をして、それを裁きの神である、
イマ(閻魔)に認めてもらって、祖先の苦しみを軽減させてもらうことで、
魂を救済することでした。
今、生きている自分の行為が、先祖の供養のみならず、未来の子孫、其々、七代200年
に影響をもたらすから、ほんとうにきちんと考えて、毎日を暮らす。
この感覚は、古代インドで普通にあったのみならず、現在のアメリカ・インディアン
など、エスニックの原住民の世界で、当たり前のこととして残っています。
自分自身が、大いなるイノチの流れのなかで、人間として生きている。
自分の行動については、前後七代200年について、考えながら、意志を決める。
明治からの近代化で、日本にもあったはずのこうした感覚はどこに行ったのでしょうか?
未来に責任をもてない原発の導入を国策にし、さらに不完全な技術だとわかっても
それを推進し続けた人間たちには、当然、こうした感覚は全くなくなっていました。
原発村の関係者の皆さんは、今年の盆を、どんな気持ちで迎えているのでしょう。
国家権力は、人間を狂わせます。とくに、利益を追ったときに、加速します。
しかし、この権力は、私たち自身も、その行使者の一人なのです。
それが、主権在民の意味です。
国家運営でも、七世代の先を考えて決定するのは、あまりに、当たり前のことです。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。