明治維新からの中央集権の悪業をすべて糺してやり直すのか?新政党、「令和」新撰組

山本太郎が新政党。楽しみです。幕末のテロリスト「維新軍」に対する、リベンジをするのかな。
とりあえず、マネーの邪神が取り憑いた明治からの「悪業」を糺すこと。その上で、日本のアイデンティーをきちんと探しましょう。「神国日本」の本性は何か?それが人類の宝のはずです。
これは、中国の皇帝権との対比の中で、浮き上がります。
先日の記載で、少し、誤りがありました。
まず、和風諡号です。欠史8代の中で、「ヤマトネコ」がついていないものもあります。
また、崇神以降で、「ヤマトネコ」が着いている天皇もいます。誰でしょう?
これ、注目です。
そして、大伴旅人の令和と、大宰府の関係です。
対象の「梅」の宴は、大宰府でした。訂正します。
で、この大宰府の地名ですが、元々は、大陸の皇帝の宰相がいるところという意味だったはずです。
筑紫が、なぜ、重要だったのか?
これは、大陸側の皇帝の権威・権力が、列島内に及ぶときの拠点だった、という意味です。
で、面白いこと。
これは、白村江の戦いのあとの665年と、天武が大津にいったあとに吉野にいく671年。この時点での筑紫、すなわち、大宰府の位置づけはどうだったのか?ここには唐の使者や軍勢が来ていました。
それが、その後、どうなったのか?時間がないので、ここまでです。
帰国後この辺まで、整理して、21日、報告します。
とにかく、日本列島を中国の皇帝権と切り離すことに、7~8世紀、唐も不比等も真剣でした。
で、この二つは、東アジアという世界の楕円で言えば、二つの焦点になりました。
このとき、半島どうだったのか? ここもポイントです。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。