年間降水量の3分の一が一夜で降った北信濃。千曲川が決壊した。橋が渡れず、信州中野から長野にいけず、しばらく陸の孤島に。もう、国家(経営資源の使い方)を組み直すしかない。

こんにちは。
長野県北部はもともと日照時間が日本で一番長く、冬の降雪の雪解け水が田畑を潤す大地でした。そのメインの水流が千曲川です。
それでも、一年に降る雨の3分の一が一昼夜で降るとどうなるか?こんな事態は、想定外でしょう。我が家も雨漏りが発生しました。
千曲川が犀川の水を集めてから、少し右にカーブするところが長野市の穂保です。ここに北陸新幹線の車両基地があります。この穂保の堤防が決壊してしまった。その前にも上田などで氾濫は何か所もあったが、これは越水でした。中野市でも信州中野IC近くの立ヶ花や栗林で氾濫(越水)し、農地に水が入りましたが、こっちは堤防の決壊にはなりませんでした。
しかし、立ヶ花橋、今井橋が通行不能で、しかも、長野電鉄も運休で今、中野市は陸の孤島状態です。
でも、水も農作物もありますので大丈夫です。20日の東京での皆神塾の前には、橋も電車も開通しているでしょう。

今回の台風19号は小笠原の手前から、ずっと東経140度から東にずれずに北上し、その間に勢力をどんどん増強した。そして昨夜に静岡の伊豆に上陸すると、一気に北東に駆け抜けた。この間の、エネルギーの蓄積と一気の放出。そこに人工の作為を感じないわけにはいきません。
つまり、気象の「ニューノーマル」とは、人為によるのか? ということです。

今回の被災者は広範です。しかも、こうした状況のなかでも、ラグビーの試合を開催できるようになったと、自らを誇らしげにするのが、今の為政者、そして財界です。
今回の台風被害では、今のところ、死者の数は幸いにも20名に達していないようですが、今後もこうした巨大台風が続くのは間違いないのでしょうが、しかも、そこに「作為」があるのなら、これは、重大問題です。

明治以来の中央集権と、財界主導の国家体制。これが行き詰っていますが、日本国の経営資源を、どう使うのか? 今の国会の議論は、一般会計の中だけのことです。
今日の朝9時のNHK討論では、N国党とを「れいわ」以外の各党の代表が参加。今回の災害に対し、被災者の救済に、十分な財政出動をすべし、との声は一致していました。このとき、「これまでの枠組みにとらわれず」といったのは立憲民主の逢坂議員でした。

中には、個々の自治体が独自で発電機を持つべし、という意見もあり、ようやく、小規模分散のエネルギー体制の声が出てきた。しかし、まだ、「自律自立」の声はない。
一方、関西電力の汚職問題は、完全に、財界と政界と地方の構造問題。ここに、自民党も財界も、真剣には立ち入らないでしょう。

さあ、私たちは、どんな政府、というより、どのような統治体を求めるべきか? 

通貨に関しても、MMT議論を持ち出して、何をするのか? 
一般会計や特別会計だけでは、これまでの枠組みに縛られたままで、もはや対応不可能でしょう。
イノチの次元からの、必要なところに機動的にマネーをだす、マネーの再構築をしましょう。
もう、財界(経団連・日商)と労組のいうことを尊重する時代は終わりました。
彼らは、まず、自分個人や会社の金儲けのために、国家権力を使おうとします。
そして今の政府と財界は高級で釣って、官僚と検察も仲間にしたままで、これまでの体制を維持しようとします。

今回の台風で良かったことを一つだけあげるとすれば、私たちは、誰もがリアリティーの中に生きざるを得ない運命だ、と知ったこと。その上で、国家という、「道具」をどう使うのか、このときの主権者は私たちだということ。

被災者をどうするか? 
ここには、その地で継続してそのまま生きるか、あるいは、移住して別の生活をするか、を、本人に選択させる意味でも、いまこそMMTでのマネーの供出が必要です。
その上で、今後も続く、自然災害やシステム破壊にどう備えるか?
いまから、その議論が必要です。「千人詰め」の智慧を生かすときです。

バクチや原発を肯定する人間を、国家権力の場、すなわち政界から払拭する。これから始めないと。彼らは、厄病神どころか、その本質はとんでもない・・・。
まあ、こんな言葉はここでは言えない。

ところで、今、英語で最新流行になっている、「カッコいい」を表す言葉を知っていますか?
 Cool(クール) なんていう時代は、もう終わった。
今は「息き詰まる(ほどカッコいい)」で、You are breathtaking.(ブレステイキング)
これは、『スピード』『マトリックス』の主演男優キアヌ・リーブスの最新作、『ジョン・ウィック』がパート3の宣伝で、ゲーム会社のキャンペーンに登場した場面で、使われた言葉から来ています。
パート3の副題は、ラテン語で『パラベラム』…’Si vis pacem, para bellum (=If you seek peace, prepare for war)「平和を捜すなら、戦いに備えよ」です。

https://www.bing.com/videos/search?q=%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af&ru=%2fvideos%2fsearch%3fq%3d%25e3%2582%25b8%25e3%2583%25a7%25e3%2583%25b3%25e3%2582%25a6%25e3%2582%25a3%25e3%2583%2583%25e3%2582%25af%26FORM%3dHDRSC3&view=detail&mid=922763BE8AEF6CAD9C25922763BE8AEF6CAD9C25&rvsmid=9514CEF8C60D298F26E39514CEF8C60D298F26E3&FORM=VDMCNR
特に、パート2のこの部分がカッコいいんだよね。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。