トランプ曰く「クルドはシリアのアサドに任せた」でDSが創ったイスラエルカバルはもう「詰み」。で、こんな意見がある。「今このパージが始まってるそうですが。 日本はその、血統でも、最後のカバルの砦牙城になってますからね。」

トランプがQと組んで戦っているのは、誰か?
「クルドはアサドに任せた」の真意は?
トルコのエルドアンも、シリアのアサドも、プーチンには従います。
サウジは、今、イランと接近。
UAEもアメリカ(カバル)離れ。

イスラエルのカバルは、もう「詰み」。
香港は、デモ隊の中に悪魔がたくさん。
 三合会はカネで動くので、北京側に回っている。

さて、日本のことです。
気持ち悪い。

安倍チンは、地球の環境対策に30兆円。
しかし、列島民には今回の台風被害に、7億1000万円だって。

で、参考情報;
30年前のアニメ『機動警察パトレイバー the Movie』
https://ja.wikipedia.org/wiki/機動警察パトレイバー_the_Movie
に「バビロン・プロジェクト」という人工台風が描かれているらしい。
なんでも、大きさ・進路ともに、今回の台風19号と酷似。
エバンゲリオンの舞台は、2015年の東京だった。
エコノミスト2015年新年号表紙に一人だけゴーグルをかけた安倍チン。
 首脳たちの足元に、ラグビーボールの形をした地球儀。
 そこには、日本列島が分断(東日本の一部が水没)されていた。

しかし、
2012年冬至を境に、実際にアクエリアスが発動。
2013年、映画「シリウス」が完成。日本でも上映開始。
4月30日のオランダ新国王即位式からイルミナティー良心派が動き出す。
アメリカでは陰で、Qたちが次期大統領にトランプに狙いをつけていた。

2015年はカバルはISISを活発化。
 異例の年頭所感で、「満州事変からの歴史・・・」
 この年の歌会始で、「稲の根本に、鎌をあてがう」
9月に、プーチンは国連で、アメリカのカバールの動きを告発し、非難。
 バチカンのフランシスコは「十字架に神はいない」発言。

今、令和の時代。

今日17日。IOCは、TOKYO2020のマラソンと競歩を、札幌でやれ、と。
 即位礼正殿の儀の祝賀パレードが、11月に延期の決定。

面白いブログがある。バカにできない。
https://ameblo.jp/z777x888/entry-12536291262.html

この中に、次の一節がある。
>今このパージが始まってるそうですが。
日本はその、血統でも、最後のカバルの砦牙城になってますからね。

皆さんは、どう考えますか?
20日、一緒に話しましょう。

PS;8月一緒に白頭山に登ったメンバーから電話。
 金正恩が白頭山に登ったと、報道。
「おい、なんだ、俺たちのあとを追いかけているじゃないか。」
その姿は、白馬に乗った、デモンストレーションでした。

こんなこといっています。https://www.yomiuri.co.jp/world/20191016-OYT1T50218/
白馬の正恩氏、白頭山に登る…幹部「世界が驚く作戦を確信」
【ソウル=建石剛】朝鮮中央通信は16日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、北部・三池淵(サムジヨン)の病院の建設現場を視察し、「米国をはじめとする敵対勢力が我が人民に与えた苦痛は、もはや苦痛ではなく、人民の怒りとなった」と述べたと伝えた。トランプ米大統領を名指ししなかったが、今月5日の米朝実務者協議後、正恩氏による対米批判が報じられるのは初めてだ。今回の報道には、正恩氏が地方開発を進める意向を示し、経済制裁に対抗する姿勢を示す狙いがあるとみられる。
 朝鮮中央通信によると、正恩氏は白馬に乗って、北朝鮮が「革命の聖地」としている三池淵近くの白頭山ペクトゥサンに登った。朝鮮中央通信は、白頭山に同行した幹部が「世界が驚く雄大な作戦が実行される確信を抱いた」と伝えており、北朝鮮が新たな挑発行為に出る可能性も指摘されている。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

『皆神塾(東京)』(10月20日開催)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

10月20日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!! 今回の講演はよく整理され非常にわかりやすい内容で、必見です!! 是非、キャンペーン中にご購入の上、ご覧ください!! 超おすすめDVDです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 【新井信介講演会:『皆神塾(東京)』DVD】(2019年10月20日開催)

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。