いくらなんでも関電事件のこの時期にSLBM発射は、まずいんじゃないの。しかもロフテッド軌道だと、列島の羊さん向けのスピン報道だけじゃ済まなくなります。

おはようさん。
週末の白山ツアーの準備が忙しいのに、とんでもない事件が続きます。

まず、金沢国税局が3月に今回の関電事案を受理したのは、高浜町の元助役の90歳での「死去」を受けてですね。遺産の調査で発覚ということなのでしょう。
それにしても、先月27日のニュース報道では、金額も実名も隠していたのに昨日は一転して、公開。
総額3億2000万円相当の現金や小判など金品。
それでも、関電の経営陣は頭下げるだけで、辞任もしないと。
高浜町の助役さんのパワーがすごくて、「返すに返せなくて、預かっていた」っていう言い訳。
これで、いいの? 日本の警察・検察のみなさん。

官邸はその助役さんが亡くなる前からこの問題が出るのを知っていて、金沢の国税がつかむ前から、この事件をどう処理するか練っていた、というのが古賀さん情報です。

それの対処が、国内メディアと司法対策だけでなく、もしかして、北のミサイルも? 
しかも、今回は、潜水艦から発射したロケットミサイル(SLBM)が落下したのは、日本海の日本の排他的水域内で、しかも、ロフテッド軌道まで達していた、とNHKは騒いだけど、これ、大変なことですよ。
まず、この情報(報道?)は、ほんとうに、事実なのか?
そして、北の金正恩が自らの意志で、やれと言ってやったのか?
フェイクかもしれないが、今、韓国側は、GSOMIAがないから、分らないかもね。

でも、このミサイルが、SLBM であることが、問題ですよ。
潜水艦で、日本近海に近づいて、どこにも来れるし、そこから打てる。
ロフテッド軌道なら、グアム、サイパン、ハワイなどに、どこでもミサイルが到達できることになる。
トランプは、ボルトンを更迭したばかりだけど、また、頭を悩ませることになりますね。
まだ、半島と列島には、まだ、DSが残っているんだな、と。

いやまてよ、トランプは賢いから、
これを、撃たせて、そのときの、実際の指揮系統を正確に掌握したかもしれない
一体、どこからの指令がどんなルートで北までとどき、実際に、打ち上げに至ったのか?

「俺の側にいろよ」と言っておいたのに、裏切ったのか? 抑えきれなかったのか?
それなら、もう容赦しない、となるかもしれません。

関電だけじゃなく、原子力ムラの本丸の東電にも、「闇」暴き が、いくような「仕掛け」があるかもしれません。
まだ、10月は始まったばかり。
メラニアは、真っ赤なドレスを着ていましたね。 レッドオクトーバー。

あと、村田先生から、以下のメールをいただきました。
 -----------------------
mitsu  10月2日(水) 19:39 (14 時間前)

 《 再稼働中の全ての原発の緊急停止を訴えます 》

皆様

拙著「原子力と日本病」で指摘したことが事実により立証されることが増える一方です。
福島事故により「安全神話」が崩壊したにもかかわらず、誰もその責任を問われることなく、再稼働が認められたことは、倫理・道徳の欠如を反映するものであり、無責任のそしりを免れません。福島の悲劇に思いをいたせば誠に罪深いことです。

天災超大国とも言える日本に54基の原発を建設したことは「巨大な過ち」と言われ、それを認めながら、脱原発を急がないのは無責任極まりないことです。しかも、未だに天災対策と真剣に取り組んでいるとは言い難い状況です。

反省が求められます。

もし台風15号が福島第一を襲っていたとすれば福島第一の第一~第三原発の冷却用プールあるいは排気筒の崩壊がもたらされ首都圏からの住民の避難が必要となる事態の現出もあり得たと思われます。
こうした懸念に基づき本格的対策を講ずることは、近年、スーパー台風・ゲリラ豪雨などこれまでにない気象現象の頻発により喫緊の課題になったことは明白となりました。

とくに、原発の安全に責任を負わない原子力規制委員会により再稼働を許可された9基の原発の運転停止を一日も早く停止させるよう訴える次第です。

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 村田光平
(元駐スイス大使)

 ーーーーーーーーーーーーー

追伸;この日本列島でも、DSとの間で、戦争に近い緊迫状態に入ったような感じがします。
  今は、メディアを使った情報戦です。
  この事態に、北村国家安全保障局長は、原発の危険性をどう考えるでしょう。
  SLBMから、直接、狙われる可能性もあります。
  しかも、フェイク(やらせ)の爆撃だってありえるでしょう。
  Qたちは、見張っているでしょうが・・・それでもね。
  まあ、その前に、電気通信系統の事故、ネットや金融決済の不都合が先かも。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

『皆神塾(東京)』(10月20日開催)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

10月20日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!! 今回の講演はよく整理され非常にわかりやすい内容で、必見です!! 是非、キャンペーン中にご購入の上、ご覧ください!! 超おすすめDVDです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 【新井信介講演会:『皆神塾(東京)』DVD】(2019年10月20日開催)

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。