アメリカにとって、北が敵国ではなくなったということ。徐々に「刺抜き」「毒消し」が加速。拉致問題を理由に制裁や圧力はもうできない。


合意文書に署名したトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=2018年6月12日、AP

共同声明「北朝鮮は完全な非核化に向け取り組むことを約束」 


米朝首脳会談

[NHk]アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が署名した共同声明は、「2018年4月27日のパンムンジョム宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことを約束する」としています。…

まあ、これは、コミットメントのみで、非核化への強制力という意味では中身はほとんど進展しなかったが、米朝の二人が直接会ったことが画期的。地政学的にこれまでと違うのは、北とアメリカで敵対関係をやめるということ。つまり、米国にとって、軍事費をこれから減らせるという意味。                           トランプは、12日インタビューでロイター]、北朝鮮の非核化を巡る交渉を促進するため、「非常に挑発的」で多額の費用がかかる米韓軍事演習を中止する意向を示した。拉致問題については、文書化の対象事案にもなっておらず、インタビューでも、「安倍の重要問題」といって、「これから話す」と。

結論。「やらせ」「脅し」「あおり」をしないということ。これで、これまでの画策部隊は急速に消えていく。これは、トランプや金正恩にとっては、自画自賛したくなるほどの大手柄です。もちろん、習近平や文在寅、そしてプーチンにとっても。また、今回の会談会場の提供で名をあげたシンガポールでは、これから北で始まるビッグビジネスで主導権をもつことになり、代表のリーシェンロンは、大喜びです。

ただ、安倍と日本の外務省にとって、この事態は、どうなのでしょう。「拉致」での直接交渉が始まりますが、トランプは、さて、どっちの味方になるしょうか?   今回のシンガポール会談を実現させたのは、「ニューCIA」長官だったポンペオですが、今、国務長官として実績をあげたので、日本をこれからどうするか見もの。  日本の戦争屋とその手先を締め上げることになりますが、特別行政自治区である日本自体が、ATMの立場であることは、何ら、変わらないか。 

 

 

 

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。