不比等は、ヘブライ(新旧聖書)も、史記・淮南子などの漢文史書も、縄文も知っていた。

  古事記と、日本書紀。

 この二つの史書は、成立時期が、わずか8年しか違わないが、夫々の史書に込められた「日本」理解がまるで違う。

13日~15日の志布志は、今後の「日本」の行方と、民族の生き残り策を、語り合う場ですが、「日本」の成立をめぐっても、面白い話になりそうです。

 

まず、人類の営みの中で、国家をもちたがる「意志」は、どうやって生まれるのか? ここから出発しないといけません。

大陸で、姫氏によって殷が倒され、周ができてから、それが分裂して春秋時代になり、更に戦国時代、それを統一したのが秦。 その秦から、玉璽を引き継いだのが漢。 正統性は、誰が、担保したのか?

この中で、日本列島に、いつ、統治体=クニ が生まれたのか?

それを一貫したロジックが必要です。 

そして、戦国時代の扶余(地域)からでたのが、BC37年の高句麗で、その分派として、百済ができた。

 百済については、その王権の出発はいつで、中華皇帝に対し、どんな性格をもっていたか?ここがポイントです。

 中国大陸で、魏呉蜀の三国時代以来の分裂状態を統一したのは、隋ですが、このとき、高句麗は強大で、隋の攻撃を退け、大陸内のレジスタンスと連動していました。煬帝は自害し、隋は滅亡しますが、裏に何があったのか?

 隋の臣下だった李淵が唐を立てますが、このとき、李淵の息子の李世民が、レジスタンス勢力を取り込んだことで、唐の統治体制が盤石になります。(このときのレジスタンスは、現在に繋がる紅パンになります)。

 高句麗は唐にも対抗し続け、李世民でも高句麗を制圧できず、高句麗遠征での傷が元で、649年7月に死去します。

 この時、日本列島では難波に都を造っていた軽皇子(孝徳)が大王でしたが、不比等は、この年を、「白雉」として、二回目の元号をつけました。

 唐の三代目の李治は、父、李世民の存命中から、父の才人(側室)で5才年上の武照と親密になり、650年に即位した後、5年の時間をかけて、彼女を自らの皇后にする準備を進めます。

 一方、軽皇子(孝徳)時代は、日本書紀によれば、高句麗百済新羅からしばしば使者が訪れたといい、舒明時代の630年につづいて、第二回目(653)、第三回目(654)の遣唐使が派遣されました。

 しかし、この第二回目の遣唐使が出されると、中大兄(葛城皇子)は、前王だった、宝皇女たちを難波から飛鳥に連れ戻し、孝徳は孤独の中に悶死します。

 宝皇女は、655年1月3日に再度、大王になりますが、唐では、この年の6月、李治が武照を正式に皇后にします。多くの反対のなか、それは、「家の中のことだ」として庇ったのが、かつての、反隋レジスタンスの党首、李勣でした。

 また、この前後から額田王が才能を認められ、宝皇女の庇護を得ます。

このあとに、百済の滅亡、白江村の戦い、高句麗の滅亡、天智の死、壬申の乱、大海人皇子の即位(天武)。

 ここで、日本と唐との、対立は高まりますが、10年後の683年年末、高宗が崩御。唐では、668年に高句麗が滅亡して以来、実権は、完全に、姉さん女房の則天武后が握っていました。

 高宗の死から3年後、天武が崩御。天武崩御の直前の2ヶ月に、不比等は、あえて、朱鳥(アケミトリ)の元号をつけました。

熱田神宮の「草薙の剣」は、668年(この年は、、高句麗滅亡の年、同時に天智が大津で即位した年ですが)、新羅道行によって、盗み出され、朱鳥の年に、再び、熱田に戻っています。

天武の后だった、鵜野は、夫の死後、4年の時間を経て、690年にようやく即位します。この年は、大陸でも、則天武后が即位しています。

 そして、この前年の689年は、唐では、則天武后が、自らの即位に備える年として、「永昌」の元号をつけるのですが、この元号を記した石碑「那須国造碑」 が、江戸時代の光圀のときから、保護され、現在でも、国宝になっています。ちなみに、光圀の「圀」の字は、則天武后が、創作した則天文字の一つです。

 この689年は、実は、天武と持統(鵜野讃良)の息子、草部皇子が4月に急死した年でした。不比等が、持統に重用されるのは、このあとでした。

 持統は、即位したあと、 三輪氏の反対の中、伊勢にいきます。 これを、第一回目の式年遷宮としているのです。

 さて、このなかで、高句麗、百済は、いつ、どのように、日本の皇室に関わったのでしょう。

701年、大宝律令の完成後、翌年、粟田真人を大陸に送ります。則天武后は、自らが即位(武則天)したあとは、国名を「周」とし、始皇帝以来の制度の見直しを進めます。この中で、日本列島の政権は、国名を、「倭國でなく、日本」と認められます。

 鵜野讃良(持統)は、粟田真人が船出した年の年末に崩御し、一方、武照は、粟田真人に多くの土産をもたせた後、崩御します。

 天智・天武の二人の大王に愛された、歌人の額田王も、ほぼこの時期に亡くなっています。

 私は、この3人の女性と、不比等が、日本国を創りだした、と考えています。

 

PS:  今日は、9月9日。重陽の節句。

  天武の命日です(朱鳥元年9月9日)。また、毛沢東の命日(1976年9月9日)です。

 菊の花を楽しみながら、菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んで、英雄たちの栄枯盛衰を偲びますか。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ