村田先生「再稼動の緊急停止と五輪中止を訴えます」。世界の叡智は事前にこの事態を知っていた?「闇払い 令和に架(懸)ける 虹の橋 己の闇を 払いつ祈る」

1)村田先生のメールを転送します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様
地震が頻発しております。

天災超大国である日本の原点(原発ゼロ)に立ち戻り再稼働の
緊急停止を求めます。
コロナ禍に原発過酷事故がすれば日本国家の崩壊すら憂慮されます。

フクシマ事故処理への対応に全力投球するための東京五輪中止
の決断を求めます。
延期論が聞かれますが五輪憲章は年内開催を義務付けております。
延期のためには憲章改正が不可欠です。
フクシマの放射能を無視する延期を世界は認めないでしょう。

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
村田光平
(元駐スイス大使)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

2)あと、今の事態の発生を予告していたのかな?
『インフェルノ』以外にも、今回の事態を予告する映画があります。
映画『インフェクション(感染)』https://www.youtube.com/watch?v=iQygN_POjuk&feature=emb_rel_end

そして、今回の騒ぎは、
「作為」が多い「茶番だ」と指摘するヨガ指導者がいます。
【コロナウイルス 真実】を暴くhttps://www.youtube.com/watch?v=7ag8TVo2-sM
教えてくれた方は、この方が示す統計的、マクロ的な検証によって、
今回のコロナ騒ぎは茶番劇であると断言できる、としています。

どうでしょう。私たちがつかむ「数字」が、どこまで真実なのか?
という根本問題もあります。
「茶番劇」すらも、神の意志・配材でのことかもしれません。

<私の意見>
トランプの登場自体が、アクエリアスの顕現・実践に向けて、
世界の叡智が宇宙意志(太一)と繋がって、計画的に進められ、
今回のこのウィルス禍を、仕組んできたのかもしれません。

神の手の中で進む「地球文明大転換」という、大きなドラマ。
自分がどんな役回りなのか、自覚するしかありません。

<連歌>
私の「上の句」に、好本さんが「下の句」。さらに以下のように、
八方末広がりの歌 八首 として

 闇払い 令和に架(懸)ける 虹の橋 己の闇を 払いつ祈る

 連動す 個人の闇と 世の中の 闇を払って、活かして明日へ

 活かし合う ムダなものなし 生命の 多層の営み 調和を祝う

 しんどくて骨が折れます 和の旅は 広大無辺の祭りですから

 苦も楽も 包んで透明 大いなる 宇宙の祭りにイノチ躍動

 魂の 縁に響いて 時空越え ほらあちこちに 虹の架け橋

 負の歩み 見つめて天に 委ねつつ 解かれて新たな 令和の光

 試練越え 希望の虹の架け橋は 創意工夫で 共に生き抜く

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。