原発マフィアは1940年体制の意識のまま。ここが今の日本政界でのDSの中心だ。しかし、世界のDSはもっと深いから、どんな運命になるのだろう。

日立の中西さん、経団連会長を辞めました。

逃げ出したのね。

許可を得たので、以下のメール情報を公開します。知っている人は知っていますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<経産省=原発マフィアと、東芝の処理>

「復権を狙う安倍一族の野望」では、今井尚哉氏が登場しますが、同じメンツが登場するのが「東芝」です。

今回、車谷氏が辞任(事実上の解任)しましたが、彼が頼りにしていたのが今井尚哉氏でした。

車谷氏は311が起こったときに三井住友銀行の常務で東京電力担当でした。

その際に、融資を躊躇う銀行グループのなかで真っ先に融資継続と新規資金の提供を行ったのが車谷氏で、当時、東京電力の社外取締役だったのが東芝で社外取締役を務めている藤森氏です。その当時2人が親しくなったと言われています。その後、2人はCVCに入って、今回は東芝のCEOと社外取締役として登場しました。

(本来なら、東京電力は破綻させるべきだったと思いますが・・・)

車谷氏と今井氏は311後の東電支援で知り合い、また経産事務次官を務めた嶋田隆氏とも東京電力支援ということで繋がっていました。

嶋田氏も原子力村の人で、311後は東京電力の取締役も務めていました。

菅首相の誕生で今井氏が更迭されたことで、車谷氏の官邸とのつながりも細くなってしまったのは計算外だったかもしれません。

東芝のウェスティングハウス買収は、東芝というよりも経産省の原子力ルネッサンスがベースになっていて、東芝の背中を押したのが経産省といわれていますので、当然、登場するのは今井・嶋田と言いうようなメンツでしょう。

・・・・・・・・

どんなことがあっても、東京オリンピック開催。そして、原発推進。

2012年年末からの日本は、原発被害を隠しながら、「風評被害だ」「問題ない」。

そのために、オリンピック利用で、いよいよ完全に、悪魔の巣になったことが、

今回の、567=惑珍 騒動で明るみに。

日本人は、今ようやく、日本の国家と権力の構造に気づきました。

しかし、この10年に仕掛けられた、ムーンショット計画は、

今、日本の総務省(菅の利権)が主導になっているようです。

 

 

 

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。