講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

ケネディー大使の赴任前、今、読み返すデニケン「古代宇宙飛行士説」。YOUTUBEが紹介している。

「ディスクロージャー」が始まった2013年。 グリア博士の成果を纏めた映画「シリウス」は必見です。

それと同時に、偉大なる先輩、スイスのデニケン氏の説を、もう一度、見ておきましょう。デニケンの著作「未来の記憶」は、ますます、輝きを増します。ちょうどいい動画がアップされていました。 連休の最中、お奨め動画です。(映像を見る限り、とても若い)

http://www.youtube.com/watch?v=UPVBjCCUUFw

http://www.youtube.com/watch?v=W1Ja6_6gxGE

http://www.youtube.com/watch?v=lOLtH55-9-E

この動画で、初めてちゃんと知ったのですが、2006年に映画「ダビンチ・コード」が公開されたあとの2008年には、バチカンのローマ法王庁が、古代の宇宙人飛来説 を、正式に認めていたようです。

当時の私は、宇宙存在を あくまでも情報体として捉えていたので、この事実をあまり深刻に受け止めていませんでした。 このビデオの中では、バチカンの科学技術庁も登場しています。

日本では、2009年からあとは民主党政権になって、メチャクチャが続き、尖閣での衝突、311の地震、福島第一の放射能と激変続きでしたが、世界(英語圏)では、「宇宙」との遭遇にむけて着々と意識変化が促されていました。

このビデオの冒頭部分で、なぜ、ペルーのナスカに、「宇宙人飛来」の痕跡が多いかについて、ナスカが、地球にある鉱物の参考書の役割となっているから、というデニケンの指摘があります。

では、日本列島はどうなのか?  多湿で、植物が繁茂しやすい環境なので、過去の遺跡はすぐに隠れてしまいます。今は見えませんが、たとえば、縄文時代や、その前のウルム氷河のときは、どうだったのでしょう。

私は、これまで、日本列島が大陸から切り離された1万5千年前からの文明を考えましたが、その前は、どうだったのか?一応、6万年前に、アフリカを出た新人(クロマニヨン)が、大体1万5千年くらいを一つの文明期にして、これまで、4つの文明期の異なる文明が、この地上に展開されたのではないか、というのが、持論です。

特に、3万年前から2万年前の文明の痕跡は、日本列島の九州に多く見られることも知っています。私自身も2004年の冬至に、阿蘇の隣にある、鞍岳で朝日を迎えたときに、面白いものを確認しています。(この日の午後に、1998年の冬至に発見した秋元神社の光を、皆さんに案内しましたが、今年はどうなっているでしょう)。

今の日本の皇室に、太古(3万年前)からの、記憶なり、宇宙との情報交流のメソッドなり が、残されているのでしょうか? これは、まだ、謎です。

そして、こうした、これまでの宇宙と人類の関わりを見ると、今の日本で繰り広げられている、フクシマの放射能対策と、東京五輪は、なにか、もっと深い、人類史的意味があるのかもしれません。

私たちの成長(意識と科学技術)を促す存在が、月の裏にいる のは、間違いないと 私は確信しています。

今回、赴任する、ケネディー大使も、きっと同じ思いであるはずです。もちろん、プーチンも。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。