講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

日本国民を騙すやり口で、全世界を騙した安倍と五輪招致委。とんでもないツケが来るぞ。

その1)

 「すべてはコントロールされている。安全だ。」

 一国の首相のこの一言を信じて投票した。

 こういえば、今回のIOCの決定、各IOC委員の決断は、これから、何が起きようと、免責される。

 これから東京には、どんどん、海外から視察や旅行者が入ります。

 当然、念のために、ガイガーカウンターなど放射能関連の測定器を持ってくるでしょう。

 そして、選手や旅行者で、体調不良やなんらかの疾病が起きた時には、その原因を放射能に求めるものも出てくるでしょう。

 日本はしばらくは、報道管制(隠蔽)が続くため、そうした事態は、あるとき、一斉に出てくるでしょう。

 「安全だ。コントローロされているというから、来たのに、全然、できていないじゃないか。

 一体、どうしてくれるんだ。」

 こういって、日本政府を相手に、なんでも損害請求ができてしまいます。

 一国の首相の公式の場での発言は、国際公約になります。

 ブエノスアイレスで、安倍は、そのことの意味、重大さがわかっていたのでしょうか。

 不正選挙での当選、靖国参拝の取りやめ、などは、日本国内での話です。

 日本の国内権力にとって、日本のマスメディアは、いくらでも統制できたでしょう。 よろこんで、政府に騙されたがる「国民」は、おかしいな、と感じても深く考えず、それでも信じたがり、しかも、そこに、NHKや、さらに、皇族が加わっていれば、まったく疑うことをしません。いや、疑ってはいけない、と自分を言いくるめます。

 いま、安倍政権と 日本の原発マフィアは、この状態を維持するために、警察権力まで使おうとしています。

 しかし、海外は違うのです。 僅かな言質を捉え、なんでも、ゆすりの対象にするのです。

今回の安倍の最終プレゼンテーションの発言は、国際的な「当たり屋」にとって、この上なく、おいしいものに映っているでしょう。

日本は、アベノミクスでカネはジャブジャブ。 だから、たかれ、しゃぶれ、当たれ、と。 

だいたい、自国民に毒を撒き散らかしつづけたまま問題ないといいはり、そのウソを、そのまま世界全体の衆人環視の大舞台でも、一国の首相が環をかけて言いふらして、勝ち取ったオリンピック開催。

そこで関係者や業者は、ウハウハの金儲け。それなら、俺たちだって、それに与かれないはずはない。

日本国内での、お膳立てされたアマちゃん政治しか、してこなかった自民党の政治家と、彼らを掌中で転がしてきた原発マフィア。

この連中は今、『奥の院』すらも無視して暴走しだしたな。 いや、奥の院は今、破滅の先を見つめだしたのか。

 いよいよ、日本人の生命や名誉だけでなく、 国富まで、完膚なきまで、ぶち壊す段階になりました。

 ここに、かけられる「冷や水」は、ほんとうに、すごいものになります。

 「人には、それぞれに、志がある」 ことは、分かっていますが、日本人は、低次元の卑しい志をもったときに、 一体、何がおきるか、私たちは、生き証人になることになります。

 みなさん、生き抜いてください。 みなさんは、大切な未来の種です。

その2) 

 昨日は、富山の皇祖皇太神宮をみて、サンクゼールに、集まりました。

 サリバンさんが、どうしても当日中に博多に戻る必要があり、面会時間は、限られたものになりました。

 世界では映画「シリウス」をきっかけにした「ディスクロージャー」が、英語圏では急速に広がっています。

 DVDも販売が開始されて加速しています。日本ではまだ目立ちませんが、こうした事実や動きを知る人間が、1万人に一人の状態から、1000人に一人の状態へと向っています。「シリウス」は、ハリウッドの商業映画ではないので、マスメディアが、商売として取り上げる(PRする)ことがないため、一気に、爆発的に広がることはありません。

 しかし、その内容は、娯楽として消化されるものではなく、 人間自身の気づき、そして、覚醒とともに、人づてで、広がっているのです。

 オバマに、アメリカがフクシマに直接乗り出すことをもとめる「一億人署名」を促すのは、こうした人たちと一致です。

 日本は、表面の繁栄の下で、人間同士が苦しみあう地獄の様相の中で、本当に、イノチの光を求めることになります。 その光は、このブログをごらんの皆さん。皆さんの心の中にしか現われません。

 覚悟しながら、備えましょう。       

 「月の繭」の歌詞 で、 私が一番好きな部分  ・・・・  「嘆かずに、翔んでいけ。」

 

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。