講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

今が剣が峰。9月8日(月)早朝、2020年五輪の開催地決定。この直後、富山で講演します。

今、剣が峰。

フクシマに関して、人間としての良心から真剣に案じられても、「政府がやるから問題ない」とする、招致委員会、日本政府、産業界、御用メディアのおめでたさ。

しかも、かえって、「オリピックは、復興支援になる」という論理を、何の臆面もなく披瀝する。

通常の公共事業の財政出動と、深刻な放射能被害の対策 が、同じ次元のものとして認識されているのです。 

 たしかに、「国からのカネ」という面からだけいえば同じに見えますが、それは、カネだけを見ている人間の思考パターン でのみ、可能になるほど、歪んだ判断なのです。 こんな人間が、国家を動かすのです。

私の知人の医学博士は、こうした認識力・判断力は、発達障害者そのものの対応だ、といいます。

これが、明治の隠微な政権奪取から始まって、戦後のアメリカの戦争屋に魂を売った日本の支配層の本性です。

今、世界中に、深刻な大恥を 晒しまくっています。 それも、当人たちは、気がつかないのですから。

そして、ロシアでのG20. プーチンは、対シリア攻撃に、猛反対。

アメリカ議会の決定は、9月9日ですが、 その前に、2020年のオリンピック開催地が決定します。

東京になってしまった場合と、 そして、東京にならなかった場合と、

それぞれ、私たちの近未来が、全然、違います。

私が、どちらを望んでいるのか、 何を、最も危惧しているのか、もう、お感じのことともいます。

スイスにいるサンカの大元様、 そして、王族会議。 さらに、李氏。

彼らは、戦争屋のワルを嫌い、封じ込めようとしていますが、 

その戦争屋の下で、経済だけを見てきた日本の権力者たちを、どう見ているか。

オリンピックの開催地が、どうなっても、彼らの日本に対する見方は、変わりません。

ただ、「はしゃぎぶり」が大きくなると、それだけ、東京にかけられる「冷や水」は、激しくなるということです。

私は、覚悟ができています。 生きるために、日本を作り直すために、 この信濃で、縄文の感性によって、これまでの文明を、どう使って未来を組み立てていくか、その原則を、考えています。

ps: 

 ① 9月9日(月)、 午後3時に、 サンクゼールで、サリバン氏と会うことになりました。

    この日は、「括りの日」で、重要だ、という、彼からの指摘です。

 ② 9月21日(土)、東京・皆神塾です。上述どおり、オリンピックの開催地がどこになるかによって、情勢判断が、全く変わってきます。 式年遷宮の意味合い(国政政治上の性格も、意義の深さ)も、変わります。

   もうすぐ、案内を、公開します。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。