講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

アメリカ良識派が承知して、スノーデンを使ってプーチンにインターネット傍受技術を教えたとしたら。

 CIAのスノーデン事件。 どうも怪しい。  ミステェーリアス。 ワァ~クワクしちゃう。

6月17日、北アイルランドのロックアーンで、オバマとプーチンが会った時、

これまでの戦争屋たちの謀略の存在をお互いに確認し、そいつらを押さえ込もうと、意気投合したら、

そこからは、大変な事態になりますね。

G8の本会議では、プーチンは、シリアについて、反政府軍の活動を支持しませんでした。

反政府軍の活動は、あえて紛争を拡大し、場合によっては第3次大戦にまで発展させようとする戦争屋の謀略と見抜いていたからです。

そして、このG8のあとに、 そう、 夏至の日の6月21日に、

FRBのバーナンキが、量的緩和をしていた米ドルの蛇口を閉める。

それと同時に、スノーデンは騒動を起こすために、あえて亡命。 香港に行き、そして、ロシアに。

この間に、日本では、高市サナエが、その本性を晒す、オオバカ発言がありましたが、

そのあとに、実は日本の貨物船が沈められています。名門企業の商船三井MOLのコンテナー船です。 

以下にプレスリリース。

幸せになろう 幸せになろう

コンテナ船“MOL COMFORT”海難事故の件(第12報)- 緊急報告

「6月17日よりインド洋を航行中に船体が中央部で2つの部分に破断し自力航行不能に陥っておりました当社運航のコンテナ船 “MOL COMFORT(エムオーエル コンフォート)”の船体後半部は、6月27日午後4時48分頃(日本時間。ドバイ時間午前11時48分頃)、北緯14度26分/東経66度26分付近の公海(水深約4,000メートル)にて沈没しました。」

この船は、シリアの反政府軍に供給する大量の武器を、アメリカから運んでいたようです。

一体、誰が沈没させたのか?

そして、この船の貨物が反政府軍向けの武器だと、どうやって確定したのか?

もしかしたら、スノーデンがロシア側に、バラしたのか?

 いや、もう、お前たちの悪事はバレているぞ、 として、

アメリカ内部の悪魔の所業に加担したくないまともな人間が、勝手にどんどん、公開しているのか?

沈没させたのは、ロシアの特殊部隊? アメリカの工作員のまともな人間?

それとも、もともとは悪魔の手先だった人間が、「自分で処分すれば、許してやる」と、

オバマやプーチンの背後にいる人間に言われて、 あわてて自分で、爆破させた?

日本の財閥系大企業は、 明治以来、戦争のたびに太ってきました。 中には、ことの重大さを弁えていない経営者も多くいました。これは特に、原発関連部門に多くいました。

プーチンは、今年に入って1月から、アメリカに対しても、「ディスクロージャー」を求めてきました。

ロックアーンで、初めて、共同作戦に入ったのでしょう。

「スライブ」「シリウス」、そして、「シティズンズ・ヒアリング」。

エネルギーと通貨とメディアを独占し、暴利を得て、しかも、平気で人間を殺す悪魔ども。

人工地震、戦争、医療(放射能、ウイルス、ワクチン)、マインドコントロール。

今の、ゲリピーや甘利は、こんなことは、全く思いもよらないでしょうね。

今年は、 本当に、ディスクロージャー が始まったのだ。

日本国内でも、当然、ディスクロージャーがある。 医療・メディア・官僚特権・明治以来の天皇の周りの華族。 

だから、閲覧者の皆さん、気を強くもって、イノチを大切にする、自分自身の世界を作って下さい。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。