日本列島に誕生した、天皇(スメラミコト)を国家に関係なく、どうするか、みんなで知恵を出そう。

こんにちは。  もうすぐ、冬至。
そして、マトリックスが消える。
マネーも、国家も、宗教も、その正体がわかる。
人類と自然。人類の文明の在り方。
ホモ・サピエンスの誕生から20万年。
2万年前の氷河期に、いろいろな遺伝子が操作されて、サピエンスたちは、自分で自分の文明を築けるようになった。
その中で、1万5千年前から、温暖化で、日本列島が独立。
大陸と、列島では、全然異なる自然環境が生まれた。
6000年前に、地球上の人類に覚醒を促す刺激が降り注いだ。
それが、大犬座のシリウスからの来訪者ニビル。
ニビルは、重力の塊である白色矮星シリウスBに蓄えられた「情報」を、地球生命に運んできた。
 いわく、宇宙の郵便配達夫。
地球上の人間からすれば、天上に、情報の塊が届けられた。
そこには何でもあった。求めに応じて、どんな情報も届けられた。
あたかも、テレビやラジオ番組、ネットのブログみたいに、
 「求めよ、さらば、与えられん」
ということで、欲しい情報はなんでもあったので、なんでも降りてきた。
これが始まったのが6000年前で、もっとも盛んだったのが、エジプト。
それを、横で見て、降りてきたのを、盗んでいたのが、シュメール。
両者とも、巨大河川があったので、農業が始まり、巨大王権が生まれた。
一方、島国の日本列島では、翡翠を縄文人が発見した。
で、このシュメール・エジプト両方の関係者(これがヘブライ人)が、日本列島に入りだしたのが、
 アレクサンダーの死後。
もっとも、天空に輝く星たちのなかで、どれが智慧の星シリウスなのか、その場所を教える知恵は、
BC800年頃、海洋族によって能登半島に届いていますが(それが聖方位を向いた、真脇遺跡の環状木柱列)。
ニビルは3600年の周期で、8.7光年離れた太陽とシリウスとを周回する。
長い尻尾を持った赤い星(ギリシャでは、赤いシリウスとも呼ばれた)。
BC8世紀のゾロアスター、BC7世紀の老子から、イエスの誕生まで、地球上では人類に、どんどん知性が発現した。
 この中で、古代イスラエルで、「二つの捕囚」もあったし、
 ギリシャ哲学もあったし、中国の諸子百家も、ブッダもあった。
 そして、それらの知性を現実にどう生かすか、
 フュージョン(融合)させるような宿命を背負った人間も誕生した。
 それが、アレクサンダー。
 彼の覚醒と行動が、ユーラシアの人類社会を動かした。
 その結果、中国大陸に、秦帝国が生まれた。
 エジプトのアレクサンドリアに、巨大な智の集積庫の図書館ができた。
 
 アレクサンダーがソグド征服の後、シル川の源流を求めるとき、その先に、中国大陸があることを知りながら、
後方(だぶんバクトリア)で、反乱がおきて引き返し、インド征服に切り替えた。
 北インド(ガンダーラ)で、アレクサンダーは破れ、傷ついた。
 そこに、老師が現れた。
「大王よ、何がお望みか?」
「天の下、全ての部族がお互いを認め合い、助け合って暮らす国を創りたい」
「なるほど。では、それを求めたおぬしが、遠く西の果てからここまで来るときに、それは実現できたか?
 おぬしが歩いた先には、いつも、屍と、血ノリ しかなかっではないか。」
「老師、教えてください。そんな国は、あるのでしょうか?
 その地に行けば、すすんで矛を置いて、お互いが助け合い、
 花鳥風月ともにイノチを味わいたくような国は、あるのでしょうか?」
「わが師、ゴータマ・シッダッタも頷いていたが、東の孔子は弟子に向かって、
 国が政変と戦乱に明け暮れ、人のこころが荒ぶと、東の海に浮かびたい、と言っていたという。」
アレクサンダーは、バビロンで最後に目を閉じるとき、その東の海の先にある、島国を夢見ていた。
実はアレクサンダーがインドに向かった時、ペルシャから同行した部隊の一部(ユダ族)はシル川探索を続け、
キルギス山中からイシククル湖に出て、さらにイリ川から中国大陸に入った。
そして先に来ていたユダ族と合流し、そこにペルシャの統治の知見が加わり、秦は大帝国になった。
一方、バビロンで、大王の末期の夢を聞いたものは、東の島国を目指した。
で、私の見方です。
このとき、ヘブライのエフライムとダンが、日本列島に入るのですが、
ここに、シリウスの番人のエジプト人が一緒だった。
 その流れの一族が、三輪山を見つけ出した。
 彼らは、分かれていくが、
 
 シリウス情報を下す場所を探すのが、「犬養」で、
 シリウス情報を、解釈するのが、「三輪」で、
  それを、広めるのが、「大神」じゃないか、と。
人間ホムダワケのことを、「あれは八幡神だ」と言ったのは、
欽明天皇の時代の568年、宇佐の地に来た大神比義でした。
今の日本の皇室の権威は、ここから始まった宇佐八幡の「ご託宣」が元です。
「国家」や「権力(暴力)」に関係なく、
人類社会(文明)と、宇宙大自然(イノチ)とを調和させる、智慧の殿堂があっていい。
そのための表看板に「スメラミコト」が、なればいい。
その維持費は、みんなで出そうよ。クラウド・ファウンディングで十分。
今、世界人口は76億人。ネット人口は39億人。
利権屋・ヤクザモドキ・詐欺師を、この、心のネットワークに近づけさせてはいけない。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明点なてんがございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。