講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

枕元に、懐中電灯、ラジオ、水、非常食、現金、外套を。

来週、24日(水)、国会が始まりますが、この日の未明に、地震が来ると、注意を促しているブログがあります。

 http://aioi.blog6.fc2.com/

「預言者」は、「尼さん」で、昨年の3月の東日本大地震も当てた人だといいます。

もし、24日の未明に、首都圏が大きく揺れたら、国会は開かれず、消費税の関連法案は通りませんが、現在の内閣はそのまま継続していくことになります。

そのときの揺れの大きさ、被害の程度にもよりますが、その場合、都市部での生活を諦める人間が続出します。もちろん、東京の資産価値は、大きく減ることになります。

地震は、昼に来るとは限りません。昨年3月12日、ここ北信濃の栄村では、やはり、未明の4時ごろに起きました。

懐中電灯、ラジオ、水、非常食、現金、そして、外に出るときに体を覆える外套を、いつも、枕元に置いておいてください。

少し、話は飛びます。

ここでは詳しくは書けませんが、日本史を調べていて、私はあることが気になっています。「選民意識」と、「身分制度」のことです

499年に「バビロニア・タルムード」を作り上げた勢力が、7世紀の日本列島に、「天皇」を作りだしたのではないか、と睨んでいるのです。彼らは、ササン朝ペルシャ時代まで、ずっとバビロニアにいたのです。

一方、現在に続くカトリック(バチカン)が誕生したのは495年です。これは、ヒエロニムスが20年(386~405)かけて翻訳したラテン語「聖書」にあるイエス=神を絶対とし、ローマの司教が、自分こそが「神の代理人」と言い出したのが始まりです。彼らは、自分の理解や発言こそが、神イエスキリストそのもので、太陽よりもありがたいものと強弁し続けました。

バチカンの権威が確立していた中世1000年間に反発し、キリスト教の中でも、自分こそは「光りの戦士」だと自覚するグノーシス派から、未来を創りだす強い自負とエリート意識を持つものが現れ、彼らが現実世界を処する「経験論」と結合し、イルミナティーや、現在のスカル&ボーンズが生まれています。

私が気になるのは、日本の明治以後の官僚達、そして、門閥たちの特権意識に、彼らと通呈するものを感じるのです。これは、身分意識のことです。

8世紀の初めに大宝律令や記紀ができたあと、奈良での政治的混乱の後、8世紀の終わりに、桓武によって平安京ができますが、ここで、強烈な序列意識がこの国に生まれ、これをもとに「身分」が始まっています。

この「身分」意識が、いまだに、この国では払拭されていない。特に、公務員にそれが顕著です。

もし、獲得した「身分」こそが、自分の存在証明だと考えるものが、この国の制度の根幹を握っているとすれば、それを守るためなら、一体、何をするか?

私は、この列島の中に、「新しい国」をつくりあげるしかない、と考えます。それも、未来からみて、過去に囚われない意識の「新しい人類」が生み出した国です。 これを、今、日本に生きる人間が、意識して創りだすしかない。それしか、子供達に、すばらしい未来を届ける方法がないのではないか、と考えるのです。

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。