講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

トラが来る前に。渋谷にいました。

 こんばんは。

5日、トランプを乗せたヘリコプターを、渋谷の代々木公園のすぐ南で、見つめていました。

そのとき、TBSラジオで、ナマ放送を終えたミネハハさんが、信越自然郷のブースに来てくれました。

エヴァンゲリオンの新作では、彼女の歌声が響きます。  

その前日4日にも、12年ぶりとなる友人が顔を出してくれるなど、うれしい時間が続きました。 

夜は、ブースで使った屋台を軽トラックに載せて、渋谷の神南から、長野県の飯山駅まで戻しました。

 空には、きれいな月。

今日6日、日米首脳会談、そして、天皇陛下との謁見の様子を、メディアは、仰々しく伝えますが、

 「日米関係をより緊密化」して、「北に圧力」、といいます。

金融面では、日銀の異次元の緩和(すなわち、日本円の無制限の垂れ流し)は、続けたままです。

ドルに流れて円安。マネーは株式市場へ。

一方、日常の生活空間では、両国とも、自殺や殺人事件ばかり。

 

 国家間は言うに及ばず、 人間個人としても、どういう関係性を作ればいいのか?

 戦後の日米関係は、支配と従属のままです。

 これを維持したいのが、日本国政府と経済界。そのために、国民を、道具、コマ、ビット数にする。

国家権力での支配と、マネーでの利益・利権。

 これが目的では、個々人は、洗脳され、誰かの餌になったままではないか? 

 これを反転させ、両国さらに東アジアに生きる、個々人の幸福のための、一つの手段にする。

こうした見方を、絶対しない。 先に制度ありきで、しかも、その制度維持のために、緊張を作る。 

  これが、日本の体制、それも、不変だ、と言い張るのか?

 アメリカでは、不満が爆発で、銃の乱射事件。

  日本では、 自殺願望にとりついて、猟奇殺人。

 こうしたニュースを、漫然と聞くだけの人間。自分の身に、何が迫っているか考えない人間。

 日本では、単に、社畜の群れ どころか、

 自分を切り裁く 肉屋を礼賛する、豚 に成り下がっている輩が多い のではないか?

 

 それは、単なる高級奴隷じゃない。  崇拝するものが、間違っているのだ!!

 自分の存在を、本当に生かすものは、自分の心 しかない。

  もう、シュメールから6000年。 イエスから、2000年。いい加減、目覚めの時だ。

 

 秋。今朝、信州中野は、気温は0度でした。リンゴには蜜が入ってくる。 

 

 アメリカという覇権国を飲みこむほどの、胆力と智慧を、日本から、いつ、だせるのか?

 晋三クンは どこまでも海賊と宦官たちのポチ。ただ、トラより、国民をだます経験を積んでいるだけ。

 龍体列島は、今、震えているよ。 

 制度なんかでなく、ヒビキのクニの主役として、未来に向けて、生命律動が始まっている。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O