また飛んだ「困ったときの北のミサイル」。まるで××××ホイホイの森友学園。

 昨日、自民党は総裁の任期を最長三期9年に延期し、これで次の総裁選挙に勝てば、安倍晋三氏が2021年まで、総理の座にいることが可能になりました。(もちろん、選挙で自民党が勝てばですが)。

 そして、今朝7時46分に、北朝鮮が、また日本海にミサイルを飛ばしました。

国会では連日、塚本学園・森友学園事案の追求で、安倍晋三氏は見苦しい答弁が続きます。これが、地上波テレビでも解説され、もちろん、週刊誌も次々取り上げます。

 国有地の売却が、あまりに、異例で異常だと。さらに、この学園の教育のあり方も。

さて、こうしてメディアに晒されている我が子の姿を、ビッグママの洋子さんは、どう見ているのでしょう。

それにしても、これまで、戦後の日本の政界では、自民党の中でも、清和会の人間に地検が動いたことはありませんでした。

しかし、現在の安倍首相は、父の晋太郎、祖父の岸信介と、この清和会の系譜なのです。ここが、ジャパンハンドラーたちともっとも密接だったのです。

 明治維新以後の日本国では、国会は最高の議決機関。その中で、司法を誰が握っているか? 検察が、どんな事案を違法として取り上げるか、これで、すべてが決まります。

 安倍政権になって、愛国教育を叫び、戦前の皇国史観での国家体制に戻ることを理想とする人たちがあつまった組織が神道政治連盟や日本会議で、その実践の第一歩が塚本学園で、その小学校が森友学園だった、と考えると、非常によく分かります。

 そこで、この森友学園の事案に、これまでの国有地売買の裏技が、すべて総動員されていた。これが、適法であるかは、検察のマターです。検察が動くか動かないかに関わらず、もう、この戦前回帰の動きは、国民からも、そして、海外からも、拒否されました。

 ですから、ここでは、今上陛下は、ひとまずは心を穏やかにしているのではないか、と拝察します。

 一方、以下のようにこれまで塚本学園(籠池理事長)の教育方針を支援してきた人たちは、様々な言い訳をして、今、脱兎の如く逃げ出しています。情けないものです。

◎ 塚本幼稚園 教育講演会 
http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/lecture/
平成28年11月19日 百田尚樹「日本危うし。将来を担う子供達の時代を見据えて 現代日本にとって危うく足りないものとは?」
平成28年06月11日 藤波源信「日常生活と仏教修行 現代の状況・人と人のつながり」
平成26年04月26日 曽野綾子「人間を造るもの」
平成25年09月21日 平沼赳夫「私の人生、生き方、心の持ち方」
平成25年06月22日 青山繁晴 「日本の出番をつくる」
平成25年05月25日 竹田恒泰「私の憲法論」
平成24年10月27日 渡部昇一「修身について」
平成24年05月12日 中西輝政「どうすれば、日本を良い国にできるのか」
平成23年11月03日 櫻井よしこ「日本よ、勁(つよ)き国となれ」
平成23年06月19日 古庄幸一(第26代海上幕僚長)
平成23年05月07日 竹田恒泰「日本はなぜ世界で一番人気があるのか」
平成21年05月26日 松浦光修「現代の教育と皇室」
平成21年05月09日 田母神俊雄「国防理念なき日本民族の将来」
平成20年11月15日 中山成彬「日教組の影と功罪」
———————–

「手付金2000万も払えなかった理事長が、 実質200万で13億相当の土地を買えちゃった件。

 こんなもんがまかりとおるなら  学校法人さえ取得すれば、
 いくらでも特定のヤツにだけ公共随契で  国有財産を横流しできることになる」

とのネットでの指摘は、日本国民は全員、同意するでしょう。

  ・・・・・

理事長の籠池氏の思想は、極右と呼ばれますが、この塚本学園や森友学園の事案は、まるで、××××ホイホイのように、 同じ仲間を引きつけたようです。

上記の中でも、平沼赳夫氏 は、2004年の小泉内閣時代、皇室典範の改正騒動のときには、真顔で、

「神武天皇のY染色体を守れ」と主張し、 この考えに、日本の神社界は軌を一にしました。 

神武天皇の実在を信じて疑わない。これが、皇国史観での愛国教育です。それが日本会議です。ここには、科学性も何もあったものではありません。もちろん普遍性もなく、これは、明治期になって改めて伊藤博文たちが列島民に押しつけた政治的ファンタジーでした。その大元は日本書紀であり、それを編集・創作したのが藤原不比等でした。これは8世紀初頭の国際情勢の中で、日本国民を作り出す必要性が生み出したものでした。

 

 私は2004年の皇室典範改正騒動のあとの11月に、「日本の天皇は内の先祖がつくった」という、とんでもない人物に会ってしまいました。それが、金井敏伯氏でした。

 私は、君は何がしたいのだ、と聞かれ、

「世界史の中で、日本列島に、どうやって天皇ができたのか、それを明らかにしたい。」と私がこう言うと、

「それでは、日本の神社界が壊れる」と・・・。

その金井氏は自分の先祖はかつては「イカヅチ」と呼ばれていたこと、さらに安倍晋太郎が外相のまま逝去したときに妻の洋子夫人に、息子を必ず総理にすると約束していた、と話しました。

イカヅチさんは「自分たちは、”世界”の視点で物事を考える」とも言っていました。彼の親友の一人がキッシンジャーでした。

皇国史観での日本では、21世紀の世界は納得しない。グロテスクなお化け教育を産んでしまった。

これをもっとも嘆いているのは、すでに鬼籍に入ったイカヅチさん本人かもしれません。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp