講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

11日(土)、皆神塾は、世界の権力構造の変化を話します。

 以下、ご案内します。
日時: 平成22年9月11日 (土)  14時~16時 (その後約1時間程度質疑応答)
場所: 「東京外国語大学本郷サテライト」 4階セミナールーム
   東京都文京区本郷2-14-10 〒113-0033 TEL&FAX:03-5805-3254
最寄り駅: 東京メトロ丸ノ内線: 本郷三丁目駅(M21) 2番出口下車徒歩3分
     JR線:御茶ノ水駅 お茶の水橋口下車徒歩7分
会費: 3500円
講演内容: 『瀕死のアメリカ覇権を、日本が平和的に肩代わりするために』
       ~ 民主党の代表戦直前、小沢は何を判断するか?
        華僑の総本山から出された、アメリカネオコンからの絶縁指令 ~
 
 自民党政治は、戦後のアメリカ覇権の伸張と共にあり、この間、多くの利権が日本国内に生まれました。民主党はこれを否定することを掲げ、政権を奪取しましたが、モノ作りと輸出のために組み立てられた国内体制の改変ができません。
 国際金融では、今、安全への逃避として日本円、日本国債が変われ、円高が進み、日本企業の海外進出が加速します。これまで、雇用関係は維持できず、本格的なワークシェアリングや、地域の自主的な発展計画が打ち出されます。
 一方、経済力を背景に太平洋への軍事進出を図る中国を抑える意味で、日本がアメリカを使いこなす事態は来るのでしょうか?
 国家主義が引き起す軍事摩擦を沈静化させながら、地方と世界全体を直接むすぶ、
「時間と空間を越えた物語」が、「心」と「消費」を引っ張ります。
今、新たしい動きが出始めています。民主党の行方と共に、今の時代を解説します。
 ヤクザはダメだが、ホンモノの任侠は歓迎。
 この世を「仏国土にする」日本仏教の本質は、実は景教。
 鏡よりも、勾玉の、第二神社本庁が企図されている。
 オバマの核廃絶で、復活する「世界連邦」に、華僑は期待。
 財務省の新事務次官は、勝海舟の曾孫。
 金正日の死のまえに、拉致は解決するのか?            などなど。
連絡先: K2O 室伏 (事務所:03-5807-1395 携帯:090-5804-5078 FAX:03-5807-1396)
 E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。