講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

済州島のムクドリでなくヒヨドリは、何を囁いたか?

 鳩山前総理の決断は、 5月30日の済州島でした。
このとき、 日中韓の国家指導者が集まっていました。
東アジア共同体をめざす三カ国です。
直近の大問題は、韓国の哨戒艦「天安」の爆発沈没事件の処理でした。
すでに、日米韓では、北朝鮮の犯行と断定して外交を進めだしている中で、
肝心の中国をどう取り込むか、一番重要な場面でした。
31日、中国の温家宝首相が来日します。
よく、「北朝鮮が暴発すると、何百万人も日本に難民が来る」と騒ぐ
コリアウォッチャーがいますが、これは、お笑い者です。
まず、それだけの人間が乗る船がないでしょう。
それに、陸路で毎日、川を渡って中国領内に買出しにいっている人間がいるのですから、
逃げる先は、中国の遼寧省、吉林省のほうが、もっとも近く、便利です。
遼寧省のすぐ先は、北京です。 遼東半島の先端には、大連があります。
こうした事実が分かっているからこそ、北朝鮮が、国際政治のオモチャにされます。
日本とアメリカの防衛利権に関係する者たちからです。
鳩山は、最後は、この人間達に、負けました。
では、菅総理になって、これは、どうなるのでしょう。
中国と一致した戦略を立てられるのかどうか、がポイントです。
中国国内にも、やはり防衛利権(軍事)で食べている人間も大勢存在し、
しかも、彼らは、自分たちは、経済発展に取り残されたと感じています。
 
中国経済の成長がストップしたら、日本もアメリカも、金融面が焼け細り、
資産価値の更なる崩壊になります。
こう考えると、戦後のアメリカ覇権が、詰んでいることが分かります。
中国の環境問題は、経済発展と人権医療の問題に直結し、日本の技術なしには解決しません。
環境さえ改善すれば、その資産価値は、急上昇します。
中国の若者は、日本のア二メ、アダルトビデオ、芸能人ばかりを見つめています。
中国のビジネスマンや役人は、
同胞を、過酷労働で安く使い倒しながら、インチキ・パクリ商品を製造・販売し、
手にした巨利で、純・日本製品を、買いたがります。
面白い時代になりました。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。