講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

「自分で出てください。勝負をするのはあなただ」と田中真紀子。小沢支配は終わったか?

東京新聞は、樽床氏の出馬の背景を説明しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 民主党代表選挙は、小沢系グループの一部が支持した樽床伸二氏を菅直人氏が大差で破り、
発言力確保を狙った小沢一郎氏の「野望」は砕かれた。小沢氏はぎりぎりまで「打倒菅」を
模索した。それは、どんな暗闘だったのか-。(民主党取材班)
・・・・・・・・・・・・
「出馬してほしい」
 小沢氏は三日昼、田中真紀子元外相と都内で会い、決断を求めた。小沢氏は二日夜にも
 東京・目白の田中邸を訪問している。 プライドの高い小沢氏が二度も足を運んで頭を下げ
 たのだ。しかも田中氏は、一時は国民の人気を集めたものの、小泉政権時代、あまりに
 とっぴな言動で外相を 辞めさせられた人物だ。
 そんな田中氏を頼りにしなければならないほど、小沢氏は追い込まれていた。
 小沢氏の要請に田中氏は 「その手にはひっかからない」とすげなく断り、
「自分で出てください。勝負をするのはあなただ」 と小沢氏自身の出馬を求めた。
 売り言葉に買い言葉で小沢氏は「じゃあ、出ますよ」と言い放ったが、
「政治とカネ」の問題を抱え、「小沢支配」が争点になった代表選では勝算はない。
 惨敗すれば、それこそ政治生命の危機にさらされてしまう。
 小沢氏は別の候補を探し求めた。
 「樽床? よく知らんぞ」
 小沢系グループの一部は樽床氏に白羽の矢を立てたが、閣僚経験もなく無名に近い樽床氏
 では話にならないと、小沢氏は判断していた。
 小沢氏が田中氏と同時並行で口説いていたのが、原口一博総務相と海江田万里氏だった。
 両氏とも小沢氏と関係があり、樽床氏よりは「強い」存在だったが、両氏とも拒否した。
 小沢氏は原口氏に三度も電話をかけて説得したものの、断られた。
 ここで立てば、「小沢氏の傀儡(かいらい)」と呼ばれるのを両氏は恐れた。
 結局、残ったカードは樽床氏しかなかった。しかも、今度は小沢氏の足元で問題が起こる。
 三日夜、国会近くの事務所で開かれた当選二回以上でつくる小沢氏系グループの会合。
 小沢氏自身は出席しなかったが、小沢氏の側近はここで樽床氏支持を一気に固めようとした。
 これに若手議員の一人が「この戦いには大義がない。そもそも、小沢氏は本当に樽床氏を支持
 しているのか」と異論を挟んだ。これを口火に「樽床氏で戦えば、国民の理解を得られない」
 「小沢氏は幹事長を辞任したばかりじゃないか」と不戦論が続出。
 最終的には樽床支持の結論を出せず、「自主投票」とせざるを得なかった。
 「菅氏二百九十一票、樽床氏百二十九票」
 読み上げられる代表選投票の結果を、小沢氏は目をつぶって聞いていた。
 菅陣営の一人は三日夜、「樽床氏は百票にも届かないだろう」と読んでいた。 樽床陣営も
 「よくて百票」と踏んでいた。大敗とはいえ、予想外の得票は小沢氏やその周辺が小沢チルド
 レンと呼ばれる一年生議員を必死で固めた結果とみられている。
 小沢氏は四日夜の会合で、「百二十九票は恥ずかしい数字じゃない。次の戦いもある」と
 九月の党代表選挙での復讐(ふくしゅう)を口にした。 しかし、今回の戦いぶりは、小沢
 時代の終焉(しゅうえん)が近づいていることを強く印象付けた。
 ソース(東京新聞)
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/scope/CK2010060502000078.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>この戦いには大義がない。
 まともな若手がいるんだ。 面白くなってきた。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。