「アンダーコントロール」発言後、2年前、田母神でなく舛添の応援に回り、細川と組む小泉を「もう終わったね」と言ったよね。

 安倍ちん、昨年の8月、伊勢志摩(「イセ・シマ」)にサミット会場決めたときは(後ろに誰かがいて)、

 「威勢よく」仕切ろうと、していたんだけど、 どうも、「しまった」という事態になりそうですね。

 いま、沖縄の件もあるし、外務省の斉木・谷内は対応がボロボロ。 で、安倍ちん,お腹、大丈夫?

 あっ、まずい。 いつの間にか、ダジャレのイエスに感染してしまったな。 

 田母神 → 舛添 → 誰?  なんか、 裏では、いろいろありそう。

(イカヅチさんは、文鮮明、池田大作、笹川良一について、ああいった人は一代で終わりです、と言っていた。) 

 フォローする

このゴールデンコンビ。忘れちゃダメ!!!(怒)

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O