伊勢志摩サミットでオバマがヒロシマ訪問。時代の区切り。原油と核の時代の終わり。

  核兵器の持てない戦後の日本。 裏では、一体何をしていたのか? 

   平和憲法の理想を表に、裏では、戦争屋と組んだり、戦争屋と対立したり、コソコソ何をしていた?

    

 核兵器を持つことで、国家を保った北朝鮮。日本の旧軍部に加え、後ろを、中国の満州軍区が支えている。

  今、受話器のような髪型の若大将が、アメリカに向かって吠えています。

 

 戦争屋が主導権を持たない(「稲の根本を鎌で切る」)世界だと、何が、主導権を持つのか?

  

 答えは、実にシンプル。

 今、そこにある問題を、現実に解決する力。相手を喜ばす知恵がチカラになる。

 それも、これまでの柵や 利権に囚われずに、最善の方策をみんなで、選ぶ。

 そのとき、 福音をもたらすものに、国籍は、関係ない。

 困難で醜悪な現状を 現実に改善できるかどうか、のみ。 知恵こそ、チカラ。 

 

 フクシマの問題は、平和環境がないと、本格的に手がつけられない。知恵が集められない。

 まずは、戦争屋撲滅の儀式。 

 そして、日本国内のメディアでも、戦争屋と組んでいた既得権の実態を,勇気を出して、どんどん晒す。

  パナマ文書だけではなくなってくる。

 

 日米安保に替わる、東アジアの安全保障をどうするか? 

 沖ノ鳥島は岩礁だ、台湾に言われたことは、日本国政府はショックだっただろう。

  南沙が中国の領土ではないように、尖閣は日本の領土ではない。ともに、実効支配地域にすぎない。

 

 新エネルギーがでると、

 「希少資源の権威的分配」という、 国際政治のセオリーは、もう、必要なくなる。

  きれい、気持ちいい、 美味しい の時代に。

 

 巻き込まれながら、巻き込み返す、日本の真骨頂が、始まる。

 

 しかし、いろいろ出てくるときに、それが困る人間が、何かをするな、きっと。

 まだ、日本版トランプ現象は、見えていないけど。

 

 話は、それますが、 

 私は、地上での植物が吸収する太陽エネルギーを、人間生活で、どんどん活かしたい。

 でも、それは、今流行のソーラー発電機のことじゃないよ。

 今の太陽エネルギーの主流は、ポリシリコンを造って電気を起こさせますが、発電性能が経年劣化する。

 もっと、シンプルなものがいい。 工業化には、無駄なエネルギーとともに、ゴミを大量に出す。

 空気中から電子を集める技術も実用化のみこみですが、

 うんと、シンプルに、地上で育った植物を、すべてディーゼルに変えて、その燃焼を動力源にする。

 この動力で、ケーブルを常時、引っ張らせる。 

 これだと、地下から、石油や天然ガスを汲み出さない。

 エネルギーの「身土不二」。 地表面での循環。

 これで、都市部の交通機関(地下ケーブルでのケーブルカー)の動力にする。

 クルマの渋滞を起こさないために、都市内では、マイカーを走らせない。

 これだと、街中が緑化され、騒音もないし、変な電磁波もないし、本当に、可愛い街になる。 

 サンフランシスコがその先駆例。   世界遺産 の エリアは、これがいい。 

 

 22日(日)に、皆神塾(東京)です。 今、テーマを考えています。  

  国際派 と 国粋派  日本国の天皇の世界化に、二つの道   概念か、実態か? 

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ