今の東京が「憧れの地」だなんて、「イノチの声」が聞こえない人の話。挽歌が聞こえる。

本日は、昭和天皇、裕仁の誕生日です。この方は、生まれながらにして、日本国家と世界金融の中心でした。

この方が、バブル経済の真っ盛りの1988年に、ご病気で伏せられた時が、私の大きな転機でした。

 東京は、

明治維新以来、天皇の権威による中央集権の核になり、国家権力でマネーを動かして、利権の巣になった。

戦後は、その機能は、さらに米ドルを発行するFRBを支え続け、巨大なコンクリートジャングルになった。

常に、マネーのために、日本人を誘導し、さらに意図的に狂わせる 洗脳情報を出し続けてきました。

その結果として、見事な、国家依存の企業社会と、ロボット人間(マニュアル人間)を、作り出してきました。

 その凝結点、あるいは、終着点が、「東京オリンピック」。

 

今回決まったエンブレムに、 挽歌 や 鎮魂曲 の響きを 感じるのは、私だけでしょうか?

 真実情報が、きちんと伝われば、東京は、自ずから、「都市解体」になる。

 

「ホ」の汚染地域には、 清純な生命空間を造り出す「スーパードーム」を。

  → こっちは、全国各地に必要です。

汚染の殆ど無い地域では、 オープンサイトで、自給自足型の「花園」を。 

  → これは、地球全体の中で、適地を探しましょう。 

 そのためにも、とにかく皆で、イノチが喜ぶ情報を共有すること。

 体質を 強める情報 と

 「ホ」を 減少させる情報 を、 共有しないと。

国家が壊れようが、存続しようが、人口が減ろうが、地震が起きようが、財産が減ろうが、

 これは、やらないと。 

何より、「ホ」を吐き続けているフクシマ(デブリ、海洋汚染、空気汚染、食品汚染)が、

 今も、将来も、人類の課題であること。 国家が戦闘状態では この問題は全く前に進まない、

国家権力によるメディア操作で、「ホ」は問題無いと、洗脳や印象操作はできても、

 生身の身体には、隠し続けることができない。

「放射能は疲れない」の名言を言った小出さん、5年前は、以下のように述べていた。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

"cmk2wl 小出裕章: 私が働いている 放射線管理区域の内部であっても、 1平方メートルあたり 1万ベクレルを超えている なんていう場所はほとんどありません。 もうビックリして私だったら その場には入らないという汚染です。 (東京の平均は3万7千ベクレル) "

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp