6月2日は飯山大魔神が大咆哮。「中性子を含んだ殺人水蒸気」

  昨夜のこと。

 飯山さんから、電話。  ここで、核物理の専門家 を 紹介される。 

 そして、一体どうすればいい? とも。 

 話したことは、 中性子の特性。 そして、 生命に与える影響。

 まず、3月に入って、フクシマで起きていること。  デブリは、政府も、NHK も確認した。 放送した。

 激しい爆発はないが、それよりも、まずい事態。

  放射線を含んだ水蒸気の放出が始まった のでは、と。  しかも、 中性子。

 中性子の放射線は、200メートル先まで、コンクリートもぶちぬいていく。 これが少なくとも15分間 続く。

 個体生命に取り込まれると、 この放射線に、あたった細胞・遺伝子は、すぐに、壊される。

 これが継続的に、出続ける時に、どうなるか? 

 水蒸気に混じって、一つの気体の塊になって、高さ100メートルにも達しないまま、個体生命を襲う。

 平野部や、海上を 水蒸気の塊になって、滑るように移動する。 

 上海にも、達しかねないと、今、中国政府も、特に注視している、と。 

 周囲が晴れているのに、集中的に曇って、湿度100% になっている場所は、その可能性が高い。 

 山に囲まれたところは、まだ、防げるが。 

 中性子に侵された個体生命は、 どうなるのか? どんな症状になるのか?

 日本の現場の医者は見たこともない。 聞いたこともない。 もちろん、習ったこともない。

 しかし、ソ連やアメリカは、冷戦時代に、 中性子こそ、最強の殺傷兵器 として研究していた。

 この意味では、ソ連時代に、 KGB で、諜報のトップだったプーチンが、一番良く知っている。

 すべての生命を死滅させた後、 放射線自体が、 すぐに消える。

 チェルノブイリ事故が起きた時、 ゴルバチョフが強烈に動いたのは、 これを出さないため。

 それなのに、日本は、どうなのか? これまで、ダダモレだが、 これが続いていくのか?

 これまでの 「平時」の枠組み で、国家の体制をまもろうと、ごまかしに 必死 だった。 

 でも、 出てしまった。 そして、 出続けている。 それを、またもや、隠そうとしている。

   ドローンの規制は、そのための一つ。

 私が東京で、ある人物とあっていた5月23日の昼、 東京は見事に晴れて、太陽は輝いていたが、

  八丈島では、やはり、湿度100% の状態が 在った。 そこまで流れていたのだ。

 6月2日、飯山大魔神、どこまで話すのか? 真剣に、民族の救済方法を考えておられる。

  ともかく、殺人水蒸気 が出ている。 それが、漂っている。

 吸い込まれた中性子は体内にとどまって、細胞をどんどん犯していく。 津波なんてもんじゃない。    

   知らぬが ホトケ というが、 本当に、すぐに、ホトケになっちゃうよ。

  知らぬが、 ほっとけ、 とは、 とても 言えない。  未来をつくらないと。    

 ジョン・タイター の地図 は、 2020年のものだという。 真剣に、考えた方がいい。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp