国際金融も、人類の生命環境も、薄氷の上。常に生存次元で、日々の生活もマネーも考える。

 こんにちは。いつも使っていたPCが壊れてしまい、知人から譲りうけたものを使い出しました。ちょっと不慣れです。

 4月も前半が終わりました。この一ヶ月間に、日本、なかでも、安倍政権の空気が変わったと思いませんか?

今、 AIIB を、実際にどう機能させるか、という議論が日本でも話題になっています。そして、これまでと同じような北京政府のやり方では、マネーの流れや、マネーをつかった建設事業に多くの問題があると指摘されています。

 河野洋平元衆議院議長が訪中すると、 李克強首相は、日本に対し、AIIBには、まだ参加の余地があると、誘い水を出しました。副総裁のポストを用意するとまで。

 強気一辺倒が、だいぶ変わりました。背景に何が有るのでしょう?

 気になるのは、台湾に対し、「台湾は国家ではないから」と参加を明確に拒否したことです。

もともと、「梅」側にすれば、日本が入らなくても、台湾が入りさえすれば、北京の乱暴な融資に対し、十分な監視・監督・規制ができると考えていたのでしょうが、これが、北京がヨーロッパを従えて、一人勝ちとなると、マネーが、どんどん個人的に変な所に流出しかねない。しかも、実際のインフラ工事に関し、技術的な監督が行き届かない、との危惧があります・

 ここ10年間に、中国から国外、特にアメリカに流出したウラの金額は、国家予算一年分よりも、多いでしょう。

東アジアに新たな共同体を作ることを目的に、 「梅」は、AIIB の成立を支援するのですが、 中国の悪しき習慣が残ったままでは、新規の通貨体制の主流になる金融機関を発足させることはしない、との意思を持っているはずです。

 台湾を国家として認めないのなら、ここは日本を加えるしか無い、 との判断なのでしょう。

国際金融と、株式市場を考えた時、日本の東京市場をこの1年間、グイグイ引き上げてきたのは、外国人、アメリカのファンドです。彼らに資金を配ったのがアベノミクスです。日本の年金の資金は、下がる局面での買い支えに使われているようです。

 日本企業を資金面で、健在なままにしておきたい。 それによって、 日本国民が原発放射能で、どんなに苦しみ、人口が減っても、今は企業と株式を守るというのが、 戦争屋のみならず、日米の経済界の姿勢です。ただ、台湾は、ドイツと並んで日本の放射能に危惧を表明しました。

 では、中国はどうなのか?

ここ10年間の国内需要の伸び、そして、国家による強引な不動産建設の奨励での官製バブルが起き、建設関連資材は過剰在庫と過剰設備投資の状態です。今、習近平は、汚職追放を最優先にしているため、経済面では大停滞に突入し、先が見えません。 その点、アジアの途上国(ミャンマー、ラオス、カンボジア、バングラデシュ、ネパール、など)には、港湾・鉄道・通信・高速道で大きな需要があり、ここに中国企業を送り込みたくてしょうがない。

 しかし、品質を見た時にどうなるか? 技術やマネジメントが、まともでないと、インフラはすぐに痛む。ここを、英仏独は、チャンスと考える。

ただ、中国経済は規模だけは大きいので、これが停滞のままだと、世界経済は急速にしぼんでいく。

これは、日本で、放射能汚染の深刻さが正式に公表されたときに、首都圏の地価が一気に下がり、この場合、日本の企業は、今の高株価での財務内容は、崩れることになる。

 「梅」は、経済繁栄のまま、東アジアに平和的に、共同体を作りたいようだが、波乱要素があまりに多い。

福島で始まってしまった、地下の再臨海のことを、日本政府は、まだ、認めていない。

 この部分に触れた途端に、 経済も外交も、まったく、別次元の判断が、世界中で必要になるからだ。

よっって、今、放出される「見えない毒」は、 何も対処されないまま、静かに、どんどん、日本人を蝕んでいく。

その点、中国のPM2,5などは解決方法がわかっているので、まだ、優しい問題だ。

この3月後半からの世界情勢、特に、日本に関して言えば、 

すでに安倍政権では、中国との対決姿勢が急速に消えている。今では、AIIBでの運営問題に話題が移っている。 

習近平が、まず、軍部(特に陸軍)の汚職を追求したのは、彼が、軍の実権を掌握し、「戦争屋」の影響を、どんどん排除していると見ることが出来る。

変な事件が続出している。 なかでも、山手線の柱が折れる事故は、普通では考えられない。広島ではアシアナ航空機が着陸時に事故。

一方、メディアは再び、北朝鮮を取り上げだした。 日本人を、外資大歓迎となった北朝鮮に近づけようとの意図が読み取れる。 「戦争屋」が、東アジアで、今、どんどん後退しているのだ。

福島の放射能は、全く、解決していない。そして、 これまでよりも、もっとひどくなっている。これは事実だ。

地震も噴火(蔵王に警戒警報)もある。 

日本の外部環境がどんどん落ち着きだしているので、これからは、内政面に措置が入る。

これは、既得権との戦いです。

まだまだ、「事件」は起きそうです。  マネーがあるのなら、イノチを守り、育む方向に、使いましょう。

 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp