世界の管理者へ:「地震や戦争で破壊しなくても、地上世界を全て芸術作品にすると決意すれば、需要はいくらでも作れるよ」

  味気ない、コンクリートジャングルを、石畳の小道、植物の植え込み、水音を奏でる上手な傾斜と段差のある水回り、

 小魚や果実を求める鳥が来るだけでなく、小動物の隠れ家や通り道に変えていく。

 荒れ果てた山には、 熊や猿が大好物の実が成る樹木を、ふんだん植えて、彼らの天国を造る。

 管理部屋や、休憩所の建設に、杉の樹を伐採して使う。伐採後に、ブナ林や、花のなる木。

 世界中の土建屋が、 日本の庭師や華道・茶道の師範と一緒になって、

  花鳥風月の世界を、地球の地上世界に創る。 そこでは、コンピュータで、経年シュミレーションも。

  そこで、生きている、自然の多くの生き物と、魂に響きあう、いろいろな芸 を 競演する。

  

 世界中の女の子が、 美しい、可愛い、素敵だ、と思える場所に、変えていく。

 その過程を、ネットで、放映する。

 仲間を募る。  エリアごとに、 品評会をスル。 

 どの空間も、 世界の文化遺産、自然遺産に成るように、 みんなで競う。 

 

 放射能や環境汚染、暴力蔓延のエリアを、どれだけ、改善できるか、

 ここに、富裕者が自分の資金を流しこむように、税制面と、政策面で、上手に誘導。

 

 空間を 美的に、快適に、劇的に変えて、人が集まるようになったところには、経済価値もついてくる。

  フクシマに限らず、 あらゆる場面で、現実を変えていく、公開コンペティション を、どんどんすればいい。

 

 73億人が生きているということは、73億個の知恵の元があるということ。

 破壊だけしかできない、自分の愚かさを、自覚スべし。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明点なてんがございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ