講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

「現実」を忘れるための「お祭り騒ぎ」なら、より厳しい「現実」がやってくるのみ。

本ブログの閲覧者の中には、私の意見に、不快感を感じる方もいるかもしれません。

私は、今年の渋谷での「ハロウィーン」騒ぎを見ていると(これは、映像だけの印象ですが)、 

 いやな予感(乾いた空虚さ)が漂ってきて、悲しくなってきます。 

日本にも、「バカ騒ぎ」としては、秋祭りの酒席での「無礼講」が、あったのですが、

これは、自然のなかで、労働の成果としての実(みのり)を得た、喜びの祭りでもありました。

しかし、今回の渋谷での騒ぎは、人工的な仮想空間に、自分を浸らせ遊ばせているだけに思えます。

御柱や、祇園祭、山笠、ダンジリなどとは、全く違います。

 生命感がありません。

「ハロウィーン」の起源と、本来の意味について、カレイドスコープさんが書いています。

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3160.html

私は、アマタリシヒコが出てくる「隋書倭国伝」と、ほぼ同じ時代に書かれた、「推背図」を知っているだけに、どうしても、日本の近未来には、もう一回、大きなショックがあると考えています。

 すでに、今、その中にいます。

そして、この「ハロウィーン」の騒ぎにあわせて、日銀の黒田総裁は、バズーカの第二段を打ちました。すでに、アメリカでは、量的緩和を止めたばかりで、ここで、さらなる円安に誘導です。どこに向っていくのか?

 たんなる、漂流ではないでしょう。

私は、イノチの現場を離れたバカ騒ぎは、悪魔が喜ぶだけだと思っています。 (私の理解では、悪魔は、間違いなく、実在します。どう折り合いをつけるか、真剣になっていないと、とんでもない事態になります。 すでに、放射能や、不正選挙 が野放しになったままなのです。) 

人には、それぞれの生き方、そして、運命があるのでしょう。 他人のことは言えません。

私は、イノチの大元と繋がったリアリティーが響き合う空間で、日本文化の源流からの流れを味わっていたい。

16日の東京皆神塾のテーマを、いま、考えています。  希望に満ちたものにしたい。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。