講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

「手打ちはしても、こいつらだけは許さん」ということ

 現在調査中ですが、掲題の事態が進行しているようです。

台風19号が直撃している中、 日本国内でも、 見えないところで、

 大捕り物 が進行しているかもしれません。

世界人類の視座で、 誰が、誰を捕らえるか、は、もうお分かりですね。

 あとは、どの程度の処分になるかということなのでしょう。

私たちは、今、人類史的な転機の中に、います。

今週末には、その実態が、もう少しはっきり見えてくると思います。

 13日の読売新聞に、地方創生策の一環で、 「NPO法人に、信用保証」 と出てました。

  私のアイデアが反映されたのでしたら、うれしい。

 とにかく、

  人間として、生きている今を、大切にしましょう。

人間のみが、 宇宙の主宰者と同じ心にも、なれて、次の未来を、意図的に創れます。

 羊さん、ロボット人間、社蓄は、 ピラミッドの枠の中だけで、自己を確認している存在。

 魅力がない。かっこ悪い。  枠がなければ、すぐに、自己崩壊ですね。

 で、どうする?

 人間として生きている「今の喜び」を、味わい確認して、少しずつ、膨らましていく。

 喜びとは、 生きているイノチや、時空を超えた魂 と つながること。

 歴史や宇宙論、さまざまなノウハウや知見は、どんどん、つながりを増やします。 

 そして、 響き合うことが出来る。 

  それが、 国家権力 や マネー、宗教のドグマ に 囚われると、すぐに響きが消えてしまう。

 特に、カネは魔物です。 道具にすぎませんが、使い方を間違えると、 人類の生存すら脅かす。

 カネを増やすことを、主目的にして、 生きている今のイノチを壊したのでは、もともこもない。

 自分の喜びを、形にして、出会う人たち届ける。

 みんながこうなれば、何も問題が起こらない。 (もっとも、「へんな喜び」のひともいるが)

 こうしなければだめだ、という、刷り込み が、恐怖と焦燥感をあおる。

 以上、台風の日の雑感でした。  

PS: うちの子供は、漫画「ワンピース」が大好き。

   その中で、 世界最強の海賊、白ひげの台詞。

   「誰から、生まれたか、なんて、ちっせいことをいうな。

    みんな、海の子じゃないか」

   この言葉、かみ締めています。

  哲学的にも、 生物学的にも。 

  唱歌 「わーれは、海の子、し~ら な~み~の~・・・・」

  人類が、他の生物種と共に、みんな一つになれる。

   それが、「海の子」   

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。